トレーニング期間と機器のストレス

トレーニング期間について

オーディオ製品の多くは、設置後、音質が安定するまでにある程度の時間が必要です。これを一般的には「エージング」と言いますが、Ge3では「トレーニング期間」と呼んでいます。よく似た意味のようですが、全く違うモノであるとGe3は考えています。

「エージング」の意味は文字通り「加齢」です。エッジ等の可動部分等に数年分もの負荷を与えて慣れさせようとの考えです。しかし、「エッジ等はストレスの固まりになって、ストレスを聞いている様なモノだ。おまけに寿命も短くなってしまう」と言うのがGe3の考えです。

一方、「トレーニング」とは「機器のストレスを取ることが大事」との考え方です。その為に守っていただきたいのが次のことです。

●オーディオ機器のストレスが消えるまでの期間、コネクタを抜いたり挿したりしない

機器を動かしたりしない

●この期間、音楽信号を流す流さないはあまり関係しない。(唯一モーツアルトの音楽を流すとトレーニングが数倍のスピードで進む様ではあります)

さらに、「機器のストレスが無くなってから進むトレーニング」があります。すべての機器は、機器本体だけのストレスだけでなく、接続されている機器の影響も受けていると思われるからです。

例えば、AMPの性能が100点で、SPの性能が80点だった場合、この状態で長く使っていると、AMPの性能も80点に下がってしまいます。次に100点のSPを繋いでも、一度性能が下がってしまったAMPはすぐには元の100点の性能を発揮することができません。AMPが本来の性能を発揮できるようになるまでしばらく時間がかかります。

この期間のことも、Ge3は「トレーニング期間」と呼んでいます。

 

機器のストレスについて

機器のストレスとは主に移動や設置に伴う物理的な負荷に対してのストレスを指します。

●設置してすぐのオーディオ製品は、音質が安定しません。機器がストレスを溜め込んでいるからです。このストレスが発散(消去)されるには2時間必要です。

●コネクター類を接続したときにもストレスがコネクターに溜まります。これが消える時間は3時間必要です。

●ケーブルを動かしてもストレスが溜まります。ケーブルに溜まる訳ですが、これが消えるには堅いケーブルだと12時間以上、柔らかいケーブルで4時間必要です。

これらのことを考えると、頻繁に接続を換えての機器の試聴には疑問を持たざるを得ません。