スキンソープ・シモン

心身ともにリセットしてくれる(かなめ@兵庫さん)

スキンソープ・シモン

BBSにご投稿いただいた「スキンソープ・シモン」のレビューを転載します。   複数の友人とグループを作っているLINEの内容を眺めていたときのことです。 喋る速度で次々と打ち込まれる友人たちの会話を リアルタイムで読んでいるうちに、 何故か、ゆるりと胸の内に蒸し暑さを感じだしました。 それでもギリギリまで友人たちの話を […続きを読む]

根元からの髪の立ち上がりが違う(茄子美@京都さん)

スキンソープ・シモン

「スキンソープ・シモン」のレビューです。   今年、4月のことである。 「湯シャン」というのが、頭皮・頭髪に良いという記事を見付けた。 いちびりの私はすぐにその「湯シャン」なるものを始めた。 「湯シャン」というのは、文字通り、シャンプーを使わず、 お湯だけで頭皮の汚れを落とそうというもの。 まず、丁寧にブラッシングをし […続きを読む]

日々の積み重ね使用で確実に効果が(hashi@北九州さん)

「美願」の発売前の人柱レビューをいただきました! 誠に申し訳ありません・・・m(_ _;)m 投稿者のお名前が間違っていました。 今後このようなことがないように気をつけてまいります。(2015/11/09修正済です)   男性でありながら人柱に参加できたことを感謝します。 Ge3に出会うまでは特にスキンケアなどしておら […続きを読む]

私の為にあるのかと錯覚する石鹸(笑)(Tosyka@北十字星さん)

■私の為にあるのかと錯覚する石鹸(笑)(Tosyka@北十字星さん) 初レビューします!ゲゲゲの皆さま、初めまして!Tosykaです!ヨロシクです☆ まずこちらにお邪魔した経緯から申しますと、 日頃オーディオの電磁波やらノイズが気になっていて、どうにかならないかと感じていました。 それでこのサイト辿り着きました。 覗いてみたらど […続きを読む]

象さん用石鹸と、ヒト用石鹸(らんさぁ@蝦夷さん)

「おそうじシモンプレゼントその2」 調子に乗ってお風呂場は天井まで洗いまくっております。 カビに対しても他の洗剤(カビ取りを謳っているものを含む)より効果がありますね。 さすがにシリコン系の目地に巣食った頑固な黒カビを絶滅までは出来ませんが、徐々にダメージを与えている実感があります。 ~禁断の挑戦~ 人間の、ホモ・サピエンスの証 […続きを読む]

アトピーだけでなく、3K仕事の肌荒れにも有効(らんさぁ@蝦夷さん)

「スキンソープシモンその1」 理想的な材料で作られた石鹸として興味があったのが「スキンソープ・シモン」。 Ge3サイトの写真で見ますと「うな重」の箱くらいに大きく見えますが、大きさは普通の石鹸です。 使用前にパッケージを破って、どんな匂いなのか確認。 控えめな柑橘系(オリーブ?)の匂いがしますが、それだけ。 普通の市販石鹸のよう […続きを読む]

今年の冬は乾燥や肌荒れに悩むこともなく(香川県 ゆきさん)

  こんにちは。お世話になっております。ゆきです。 今年の冬はスキンケアセットのお陰で、乾燥や肌荒れに悩むこともなく過ごせています。 保湿のバランスが良いせいでしょうか、 肌色も白くなってきたと思います。 武兎のお陰もあるのだと思いますが、 過日、約10年ぶりに会った友人からも、全然変わらないね、と言ってもらえました。 […続きを読む]

頭も顔も体も使えるシンプルさ(奈良県 kumiさん)

自分は、メントール系のシャンプーが好きで、色々試してきましたが、 なぜか行き着いたのは、シモン石鹸でした。 メントール系のすっきり感は、ありませんが、なぜか満足しています。 なにより、頭も顔も体も使えるシンプルさが、気に入っています。 朝洗顔・シモンバームもするようになり、昨年より、顔も手も潤っています。 職業柄、スキンケア商品 […続きを読む]

絶賛!!感服!こんなのどうやって作るの…?(東京都 すずかさん)

せっけん手作り経験者として!あっぱれです トライアルセットがあったので、せっけんマニアとして「これはいかほどのモノかしらん」と気軽に頼んでみました。 ●作り手としてみてみると… これまでせっけんにはこだわりにこだわってきた人間です。 切って使う高級マルセイユ石鹸やらグリセリン石鹸、果ては手作りで食品レベルのオイルか […続きを読む]

目や口の周り、唇、手、髪(東京都 おJAL丸さん)

シモンバームをリップクリーム、ハンドクリームとしていつも持ち歩いています。 洗髪後は地肌に刷り込んでいるので、空気が乾燥してきたこの時期でも髪はしっとりしています。 シモンバームLができてシモンバームがたっぷりあるので気持ちに余裕が! 年齢のせいもあり、最近、手を洗ってバームをつけ忘れるとすぐにかさついてきます。 そんな時は乾い […続きを読む]