ブログ

ジム・トンプソンの家とアウトレット店

こんにちは、アリューです。
しつこくいきます。タイ一人旅第5弾です。

タイシルクで有名なジム・トンプソン
いや私は、そういえば聞いたことあるなぐらいの感じだったのですが。(^_^;)
旅行前にいろいろ調べていて、「ジム・トンプソンの家」というのを発見し、どうしても行きたくなったのです。

タイの古い建築様式の建物ですが、ジム・トンプソンは元々アメリカの建築家、彼なりのアイディアがいろいろ取り入れられた素敵な家なんです〜♪
今は博物館として公開され、彼の仕事部屋やダイニングがそのまま展示されていたり、彼が集めた古美術品が展示されています。

外は自由に見学できますが、建物内はガイドの案内でまわります。
なんと、日本語でガイドしてもらえます!
チケット(大人150バーツ)を買う時に英語か日本語か聞かれるので、日本語というと、日本語で書かれた簡単な解説をくれます。
で、入口に行くと日本語ガイドが始まる時間を教えてくれ、その時間にここに来てねと言われるので、それまでは外で写真を撮ったりしていました。

ガイドが始まると、荷物は全て預け(スマホ、カメラは持っててOK)、庭やピロティ等は撮影出来ますが、建物内は土足厳禁、撮影厳禁です。

  

建物内、素敵でした〜
私的には美術品とかより建物や内装そのものがすごく気に入りました。
撮影出来ないのはホント残念。

 

そして、レストランやショップが併設されているのですが、オシャレです。(^^)
私が行った時はレストランの2階でウェディングパーティをしていました。
お、お腹を壊していなければ、ここで食事したかったのに、、、(T_T)
一応食べれそうなモノがないか、入口に置いてあるメニューをめくってみましたが、どれも無理そう。
あぁ、残念無念。

まぁ仕方ない。
気を取り直して、次はアウトレットへゴー!

ガイドブックでは見なかったけど、ネットでサーチしている時にジム・トンプソンのアウトレットがあるとの情報を発見!
最新のデザインとかはないけど、小物類が充実してそうなので、自分のも含め、お土産にも絶対いいと思ったわけです。

場所はバンコク中心部から少し離れていますが、BTS(高架鉄道)スクンビット線のバンチャーク駅から徒歩7〜8分ぐらいなので、不便な所ではないです。
ただ、駅を降りると結構ローカル色強かったので、「え、ここでいいのかな?」とちょっと不安もありました。(^_^;)
でも歩いていると、ジム・トンプソンの袋を持った人達と結構すれ違うので、すぐに安心しましたけど。

Soi 93という路地を入って歩いていくと、突然緑いっぱいの敷地が現れます。
ここだけ雰囲気違います。(^_^;)
これがジム・トンプソン ファクトリー アウトレットです。

1〜3階は反物。4階はバッグや衣類、小物類、5階はファブリック類とカフェ。
1階に入ると、ツーリストと見るやすぐにお店の人に奥へどうぞと言われ、奥の扉を出てエレベーターで4階へ。
確かに、さっき「ジム・トンプソンの家」のショップで見た価格とは全然違います。(^_^;)
最新作はないんだろうけど、ポーチ一つとっても形、大きさ、柄とかなりの種類があります。
バッグもいろいろあって迷いに迷い、、、
ここで結構な時間を過ごしたのは言うまでもありません。

詳しい行き方を書いておきますね。
BTSのバンチャーク駅を出て、鉄道沿いの道を北に向かって300mほど行くと、右に Soi 93 という通りがあります。
右折して Soi 93 を300mほど行くと、左手にジム・トンプソンの看板があるので、すぐわかります。
住所:153 Soi Sukhumvit 93, Bang Chak, Phra Khanong, Bangkok