ひっくり返った

きさ@Ge3が「美味すぎてひっくり返るよ」と言っていた築地の天ぷら屋さんに行ってきた。

『天麩羅 なかがわ』
そのGe3値はなんと124.8p!
期待度MAXで入店した。

メニューはおまかせで、最初に出てきたのは海老。
スーパーなどでよく見かける海老の天ぷらとは違って、小ぶりで衣が薄い。

食べてみると・・・
これが海老天なの・・・?

柔らかいけどプリプリで、私が海老天だと思ってたものと全然違う。
こんなの食べちゃったらスーパーの海老天なんて食べられないじゃん・・・
あんなの天ぷらじゃない・・・(~_~;)

他に食べたのはこちら↓

きす

ハモ

オクラ

あわび

イカ

ウニの大葉巻き

モロッコいんげん

メゴチ

牡蠣

あなご

ナスとさつまいも

締めの天茶(満腹すぎて写真撮り忘れた)

特においしいと好評だったハモは125pだった。
それ以外も言うまでもなくすべて倶楽部員。

どれを食べてもあまりのおいしさに「おいしい!」しか言えなくなった。
心から感動した時に言葉が出なくなるように、
人は本当においしいものを食べると言葉を失うらしい・・・
溜息が出るほどのおいしさとはこういうのを言うのだと知った。

この時に飲んだお酒もおいしくて、きさ曰く「場の作り方が違うのだろう」とのこと。
同じ食べ物や飲み物でも、良い場ではおいしくなるらしい。
特にビールが不思議なくらいおいしく、回るのもめちゃくちゃ早くて、
確かに何かが違うというのを感じた。

きさの言う「ひっくり返るほどおいしい」とは一体どういうことなんだ・・・?と思っていたが、
実際に食べたら私もひっくり返った。笑
「ひっくり返るくらいおいしい」という表現がよく当てはまると思う。
食べてみないとわからない、想像できるおいしさではない。

そしてもう一つ知ったのは、本当に美味しいものは、
一度食べたらまた食べたくなるけど、それは1年くらい後でもいいかな〜と思えるということ。
何度でも食べたくなるけど、今すぐじゃなくていい。
きっとそれだけ満足感を得られるのだろう。

『天麩羅 なかがわ』
気になった方はぜひ行ってみてください。
ひっくり返るのでご注意を。(≧∇≦)

なゆ@Ge3