gechi – Ge3値

Ge3では”上”(ハイアーセルフ)とのチャネリングで得た情報を元に製品開発をしています。
確かに、どこからの情報なのか不明な訳ですが、Ge3を起業して14年目、事業を継続できているコトからみて「オーディオアクセサリーとクルマ用アクセサリーの分野で、その性能などで一定の評価を得ることが出来ている」と考えています。

つまりGe3のチャネリング情報は十分に競争力があると思っています。

テレテレ

Ge3では情報を得るだけでなく、性能を客観的に評価するために”上”に聞いた数値をGe3値(げち)として使っています。
これはGe3独自の数値で、世間一般に認知されたモノではありませんが、結構便利なのでGe3内では多用しています。

Ge3値の最高値は何故か128p(ポイント)に固定されています。
より良いモノが出て来ると、それが128pとなり、前の製品の数値が相対的に変化します。
数学的には、Ge3値はdB表記に似た対数表記です。 ※対数的な変化

Ge3値が120p以上のモノは大変優れたモノとして、Ge3では特に120倶楽部として情報収集に努めています。実際、多くの方が倶楽部員の製品を購入し、その性能の良さは確認済みであり、倶楽部員は良いモノの代名詞としての評価も得つつあります。

また、最近「128pが最高値では判りにくい」との声もあり、拡張Ge3値として「絶対Ge3値」という表記方法も利用していますが、絶対Ge3値はあくまで個別な数値なので、相互間の比較には無理があります。
2014/8/22

>> Ge3値の利用について

>> 対数的変化について

カテゴリ