フライパンに別れを告げた春

 

別れを告げました。

コーティングのフライパンに。

これまで、フッ素コートとか、セラミックコートとか・・・
いろんなコーティングのフライパンとお付き合いしたけれど、
ある日突然その日はきました。

やっぱり、ワタシはアナタに合わせることは無理。

火加減や洗い方、気遣って優しく優しく接してきたつもりだけど、
思わぬことで焦げ付いてしまうもの。
もう、疲れたの。

少し前から、お付き合いが復活していた鉄のフライパン、
以前の印象とは裏腹に、とても素直で付き合いやすい子なの。

火加減は好きに調節できるし、一つ気をつけるとすれば、
急に冷たくしないこと。
ある程度の熱さを維持したままだと、全然焦げつかない。

洗うときだって、タワシでゴシゴシ。
質実剛健で逞しいヤツ。
まさにアタシのストライクゾーン!

どうして前は使いづらかったんだろう・・・
ワタシ、若かったのかなぁ。

そうして、なぜか、鉄だとお料理も美味しく感じる。
炒め物、焼き物・・・鉄の香りなのか、
お料理に独特の風合いが出て懐かしい味がする。
子供の頃、母が作っていた焼き飯ってこんなだったな・・とか。

オムレツだってコーティングフライパンだと、半熟が難しかった。
出来上がっても中から黄色い液状の卵が出てくるの。
卵も縁にへばりつく・・・

それが鉄製だと、中まで火が通っていてもふんわり仕上がる。

コーティングのほうが使いやすいはずなのに・・
年々、古いもんが肌に合うようになってきたわぁ。。

rico@Ge3
#お料理マッシグラ!