芋蔓DQ

音場が広がり音楽の楽しさが増す 元気な父さん@沖縄さん

芋蔓DQ(SORA)

芋蔓DQ 雲泥 (SORA) をお試しいただきました!   Nordost Baldurとの勝負である。 実は、試聴を頼んだはいいが、よほど断ろうかと思った。 『いま以上を望めるのか?』そんな疑問がぬぐいがたいほど、 現状に不満はほとんどない。満足の域にある。 そんな迷いの中、“かの君”は夕方に […続きを読む]

芋蔓DQ雲泥マーべラス仕様の使用報告/DIA_1st@埼玉さん)

■Ge3への信頼とは…  芋蔓DQ雲泥マーべラス仕様の使用報告/DIA_1st@埼玉さん 今回のスピーカーケーブル芋蔓DQ 雲泥は、 初回購入時に世界最高SN比を誇るディジタルアンプとの相性が悪く、 1日で送り返したのでした。 ちょっと話は脱線します。 去年まで日本にはS/N比120dbより上を測る測定機はなかった […続きを読む]

包み込むような臨場感(たっこんぐ@札幌さん)

年末年始の休みの間にじっくりと試聴しようと思い、要石25と芋蔓DQをお試しさせていただきました。   私の機器には、アンプに要石+脈々と鼓筆が、 CDプレイヤーにはテレ・サテン、 パワーサプライには雷智3弐を装着し、 また機器の全てに超結界機器用を貼付しています。 早速、CDプレイヤーに要石25を接続しました。 途端に中音域の音 […続きを読む]

アンプからの情報を欠落なくスピーカーに伝えている(三重県 MMさん)

芋蔓DQの貸し出しありがとうございました 第一印象は高解像度で明るく曖昧なところが無く明快な音 ただし、低域の厚み伸び不足で中域が張り出しすぎる・・ そこでプリ~パワー間のケーブルを変えたところ 不満なところが無くなり良いバランスに変身 結局、プリ~パワー間のケーブルの癖がそのまま出てきたようです 今使っているスピーカケーブルで […続きを読む]

機器の実力発揮!「気が通る」とはこういう事……?(becho@千葉さん)

購入した「もあれプラチナPLUS」を何回かに分けて、SP端子、ケーブル端子、RCA端子(アナログ・デジタル)、HDMI端子、電源端子、そして機器の内部端子やヒューズ部分など外せる部分は外して塗ってみました。 先ず気が付いたのは、今までSPの左右の音質や音の拡がりが異なっていて、セッティングなどで調整しても今一追い込めなくて困って […続きを読む]

すごく密度が濃い鮮烈な音が、3Dで目の前に(長野県 Kataさん)

要石25機器用のレビューをご報告します。 最初に取り付けたのはANP(ソウルノートsa3.0)です。 音像がキュッと締まるのですが、響きや余韻も減少してしまい、音像が多少ぼやけていても豊かな余韻があったほうが良いと個人的には感じてしまいました。 ただし、トレーニング期間が足りていないもかもしれませんし、私のシステムのアンバランス […続きを読む]

次元の違うSPケーブルです(Kata@長野さん)

  オーディオシステム PC:デスクトップPC USBケーブル:アコリバ「USB-1.0PL] DAC:KORG「DS-DAC-10」(DSD5.6Mhz) RCAケーブル:「超銀蛇シールド」 AMP:SOULNOTE「sa3.0」 SPケーブル:「芋蔓DragQueen」 SP:B&W805D オーディオボード:「練習 […続きを読む]

森林浴しながら音に浸っている感覚(福岡県 阿闍世さん)

「要石」をあまりにも気に入った方は、この製品も導入していることでしょう(笑)はい、私もそうです(笑)それと、Ge3のスピーカーケーブルを試したことがないので、それも楽しんじゃおう!という軽いノリ?での購入です(笑)当時、妙なケーブルしか持っていないので、Ge3のエッセンスを取り入れたくて、そしてケーブルの長さを延長してくて購入し […続きを読む]