包み込むような臨場感(たっこんぐ@札幌さん)

年末年始の休みの間にじっくりと試聴しようと思い、要石25芋蔓DQをお試しさせていただきました。

 

私の機器には、アンプに要石+脈々と鼓筆が、
CDプレイヤーにはテレ・サテン
パワーサプライには雷智3弐を装着し、
また機器の全てに超結界機器用を貼付しています。

早速、CDプレイヤーに要石25を接続しました。
途端に中音域の音がぐっと力強く変化しました。
これは抜き差しを何度も繰り返しても同じように変わるので気のせいではありません。
腰を据えて聴いてみると、今まで再生できなかったエコーの成分(?)がたっぷりと立ちのぼり、
部屋中を覆い包みます。
そしてエコーに埋没していたボーカルがしっかりとセンターに迫り出していることに気がつきました。

 

しかし要石25を抜くとそのような包み込むような臨場感が途端に貧弱になるのです。
これは凄い。「Wadiaが本気で吼えている!」

スピーカーケーブルを芋蔓DQに繋ぎ変えてみると、
出てくる音は激変する方向ではなく、
要石25で顕在された「音」がより研ぎ澄まされるようになっていきます。
そのためか、いつもよりも音量を出してもうるさく感じられません。

大音量の振動がストレートに体に響いてきます。
もう居ても立ってもいられません。
更に超銀蛇も追加でお借りして接続です。

やはり激変ではなく、更に深く掘り下げられてくっきりとした音像が出現しました。
ここにきて、「Ge3の製品は、ピンポイントで使うのではなくトータルで使うことが最善のアクセサリーなんだ」ということを理解できました。

これはもう外せません。もちろん購入させていただきました。

コメントを残す