初めての滝行

Ge3セミナーの滝行は今年で3回目、遂に参加できた!

今年は絶対行くぞと、滝行の日程が出てすぐにホテルを取り、
出発2日前に車検からクルマが帰宅、その翌日は朝からタイヤのメンテに行き、
爆走準備は万端(笑)

そして滝行の前日26日、仕事が終わってから長野に向かった。
大津SAあたりから雨が振り始め、ときどき土砂降りの高速を爆走し、
ありがたいことに渋滞もなく、27日0時すぎにホテルに着いた。

翌日、滝行の日は曇り時々雨で、Ge3の地元ではこの時期考えられないくらいの肌寒さ。
しかし、滝に入る頃から雨はやみ、準備ができた人から続々と滝に突入。

「え、みんなそんなに何気なく入っていくの??」と驚いたけれど、
躊躇している暇はない!思い切って突入ーーー!

・・と、い、息ができない!

滝に行こうと足を踏み出した途端、
その冷たさに「ひっ」と息を吸った状態のまま、戻らなくなったのだ。
滝の水はひんやりどころか氷で冷やした水のようで、
重く、息を整えようにも身体が言うことを聞かない。
そうそうゆっくりしている時間もなさげで、浅い呼吸のまま滝に突入し、
なんとか20秒ほど頑張った。

が、予想通り、きさからまだ足りないとダメ出しが出た。
そして2回目の突入後、10秒くらいたったところでOKが出て終了。

確かに1回目は息するのに必死で、身体も固く何がなんだかわからない状態だったけど、
2回目は少し体の力も抜けて、息が整うように、冷静になるように、
滝や周りの環境を感じようと意識できた。

思っていたよりハードな滝行だったけれど、打たれた後は身体がホカホカしていた。

ただ、滝に突入したときから結構な頭痛が始まり、結局、帰るまで頭痛に悩まされた。
これはエネルギーあたりなのだろうか、それとも・・

頭痛の理由はホテルのチェックアウトのときにわかるのだった(笑)

いだなおこ

#gegegeマッシグラ
#木曽
#清滝

My Boxster Shelly:2004 Porsche BoxsterS 986 Silver(2013/7-)
過去ブログ:http://car.ge3.jp/modules/blog/

コメントを残す