ユーザレビュー

透明感が増し楽器の輪郭がはっきりした(riverfield@熊本さん)

riverfield@熊本さんのAudio情報

市野式(テーブルタップフィルターS、セレン電源、HUB、ネットプレーヤー)、
Dialogue One、TD-510MK2


電源コンセントから「市野式 テーブルタップ」までのメイン電源ラインを
「力蛇あかん SORA」に交換してから、「あかんシリーズ」を追加導入していきました。

市野式テーブルタップ・力蛇あかん

市野式電源フィルターS・力蛇あかん

今の電源の構成は下の画像のようになっています。

「あかんシリーズ」を導入するたび、新たな感動がありました。
今感じることは、「あかんシリーズ」で接続することで、
市野式製品の性能が輝きを増してきたということです。
今に至るまでに感じたことを書いてみます。

いつもの席に座って音を浴びると、臨場感が胸に迫りワクワクした気分が止まりません。

品位が上がりました。
特に感じたのは市野式セレン電源までを力蛇あかんSORAで接続した時です。
透明感が増し、ダイナミックレンジが広がり、楽器の輪郭がはっきりしてきました。
ステージの奥行き感が出てきました。
繊細さの倍率が違います。見通せる範囲が違います。
同じ曲なのに、こんな演奏していたかな、
こんな音楽だったかなという感動を再び味わいました。

ひずみが少ないのでしょうか、ツマミをまわしても音量が上がった気がしませんが、
それよりもボリュームについて考えさせられました。
いままでは「聞きやすい音量で聞く」ためのツマミだったのですが、
「あかんシリーズ」でチューンアップしたら、
「もっとも表現力(再現力)が感じられるように調整する」ためのツマミであると理解しました。
つまり「自分の席を音楽を聴く最善の位置に調整する」ためのものだったのですね。

音量で言えば、クラシックの繊細なパートでは、微細な音なのにスケール感があります。
ステージ空間へ響きが伝わっていくのが分かります。
微細なのに迫力があり、低音が地に響いて行きます。

それぞれの楽器の音が美しく、酔えます。
「火の鳥」前半ではとろけそうになります。
幸せな音に包まれて寝てしまいそうです。
ふいに魔王の踊りで飛び上がるほどビックリしました。
演奏の立ち上がりがシャープにどんと体当たりをかまして来ました。
エネルギー感がすごいです。これが音楽の醍醐味なんでしょうか。
いままで聞いた事のない体験でした。
低音はフルレンジの限界があるかも知れませんが、
底力というかリアルさというか耳に訴える力があり充分です。
フルオケが苦手と評判のTD-510MK2ですが、
これまで退屈だったベートーベンやシベリウスを通しで迫力を楽しめます。
JAZZでは空間に楽器が浮かんでいるかのよう。すごいです。熱気を感じます。

そしてこれはどうしても言っておかないと、ビリビリするのです。
家具の共振ではありません。皮膚が震えるのです。
頭の皮膚と腕の皮膚、手のひら、足首のあたり。心地よいビリビリです。
スピーカーから出た音を体毛がキャッチしているのでしょうか。
それとも別のもの?腹と胸も中低音で震えます。
耳だけでなく全身で聞いている感じです。
これがワクワクの原因だろうと思います。

考えてみればGe3さんが薦めるものに悪いものはない、よくなって当たり前です。
しかし数年前の自分からしたら、途方も無く進化しているのは間違いありません。
製品を購入して繋いだり、貼り付けたりしただけ、自分では何の努力もしていません。
信じるものは救われるとはこのことですね。ありがとうございます。