クルマが自ら先へと進んでいく感覚に(長崎県 prelさん)

要石25をBMW323iに取り付けました。

第一印象は、すごくしなやかな走りになったことです。
バッテリーに要石25を取り付けただけなのに、どうして、足回りにも影響が及ぶのでしょうか?

クルマが自ら先へと進んでいく感覚がしています。
普段だとアクセルから足を離すと自然に減速していたのですが、ETCのゲート前で慌ててブレーキを踏んでしまいました。

高速道路への合流の際には、エンジンのレスポンスが大幅に向上したため、これまでに経験したことのない加速を楽しむことができました。
これが、Ge3値133pzオーバーの実力ということでしょうか!
ついつい、アクセルを踏んでしまうことが多くなりましたが、不思議と燃費は向上しています。

オーディオについても、ピアノの透明感があがるとともに、ドラムの立ち上がりも鋭くなり、機器をグレードアップしたかのようです。
電流などいろいろな情報がスムーズに伝わっているような気がします。

p.s.
ちなみに、一部のBMWユーザーの方は、バッテリーカバーが装着不可とのことですが、私の場合は、カバー上部のスイッチで固定することはできなくなりましたが、添付写真のとおり、収めています。

 

One thought on “クルマが自ら先へと進んでいく感覚に(長崎県 prelさん)

  1. そうですよね。
    クルマが勝手に進もうとしますよね。\(^-^)/
    静電気も少なくなるためかサスペンションの動きが良くなりますね。
    ボディーの軋みも少なくなりますよ。
    元々軋まないですか?!(笑)

コメントを残す