ユーザレビュー

ロードノイズが心地良く感じる(松ベー@神奈川さん)

要石125

BBSで要石125の発売を知り、自分の直感を信じて即座にメールを送りました。(笑)
武兎市野式電源の時と同じです)
まずは車に使用するつもりだったので、
紹介されていたシガーソケットに接続するUSBの口が付いている
シガーソケット分配器を用意して待っていました。

が、到着したのは本体のみで、私はUSBタイプのケーブルを持っていなかったので、
まずは家のオーディオで試してみることに。
ケーブルはLANタイプで、接続先はSONYのAVアンプです。
(連絡したらすぐにUSBタイプのケーブルを送ってもらえることになりました。感謝!)

よくノイズフロアーが下がりとありますが、格が違います!
上質で滑らかな音、長い時間聞いていても疲れません。癒されます。
普段は車専用にしている超結界ミニ(販売終了)を車から持ってきて合わせてみましたが、
実にいいです。要石125は簡単に移動できるので便利ですね。

後日USBケーブル(あかん版)が到着したので、車に接続してみました。
設置場所はナビの下のコンソールボックスの中です。

一番最初に感じたのは、あれ?エアコンの効きが随分と早いということです。
今年は猛暑なのでこれはうれしい変化です。
(後日知人を乗せたら同様のことを言われたので、プラシーボ効果ではないようです)

次に感じたのはラジオから聞こえてくる会話が非常に聞き取りやすくなっていることです。
すでに要石25を装着しているのにまだまだ上の世界があるんですね。

その次は、やたらとレーダー探知機(ODB2に接続している)が、
「急減速は危険です」と言ってくることです。
ブレーキの効きが良くなったようです。

そして最後になりますが、ロードノイズが路面の状態によっては心地良く感じることです!?
別に私は異常な感覚の持ち主ではないと思うのですが(笑)、
気持ちよく感じる時を言葉で表現すると「猫足で車が走行している」でしょうか。
しなやかに走る感じです。
色々な変化があって運転が楽しくなりました。
まだまだ新たな発見がある予感がします。

要石125はやや高価ですが、家でも車でも使用できるのでお得な製品だと思います。