試用レポート(東京都 某編集部 Nさん)

1.
「桁外れの洗浄力」という点は、まさしく納得の効果をすぐに得られました。
開封してまず、コーヒー渋のたくさんついたカップに、石鹸の表面にあった粉状のかけらをふりかけ、わずかな水滴を加えて指で全体に伸ばしました。すると、1分もしないうちに石鹸の部分は茶色に変化し、コップの方はどんどん汚れがとれていく状態に。

最後に、ただのスポンジでぬぐって水で流すと、真っ白になりました。
台所用洗剤では落ちないため、
いままでは、濃いめの漂白剤を使って落としていた
のですが、
それと同じ真っ白さが得られて驚きです。

2.
浴室に曇り防止加工のされた鏡があり、
本来は水をかけるとしばらくはよく見えるものなのですが、
水垢などが付着して曇ってしまい、すぐに曇るために困っていました。

これまでに浴室用洗剤、メラミンスポンジ、ガラスクリーナー、漂白剤、
クエン酸などなどいろいろ試しましたがこの水垢は何をやっても落ちず、
半ばあきらめという感じでした。

そこへ、茶渋のよく落ちた「キッチンシモン」を試してみようと思い立ち、
全体によく塗り込みました。
その後10分ぐらいおいた後、浴室用のブラシでゴシゴシこすり、
水で洗い流すと、
曇り防止加工の効果が蘇ってきました
暫くは曇らずに使うことができるようになりました。

数日後、再度同じ作業を行いますと、かなり初期状態に近く続けて使うことができるようになりました。
この用途には重宝しそうです。

3.
2の事例で水垢が落ちたと思われることから、浴槽台所のシンクに付着した水垢の除去を試みてみました。
全体に塗り込み、2時間以上置いてから、ブラシでよく擦りました。
水垢は落ちてき始めたようですが、なかなか強固に付着しており、一度では落ちません。
それでもクエン酸などよりは遙かに効果が大きいようで、このあとまだ何回か同じ作業を行わなければならないようです。
気長に再度チャレンジすることにしました。

4.
常用しているステンレスの鍋を「キッチンシモン」で洗ってみました。
普段は、台所用液体洗剤が洗う素材ですが、油ものの場合、つぎ足すこともありました。
しかしつぎ足すと、手の方がややガサガサになる傾向が感じられました。
「キッチンシモン」の場合、
たっぷり使っても手に悪い影響はないようです。

また、今までの台所用液体洗剤では落としきれていなかったということなのでしょう、「キッチンシモン」を使って特によく擦った部分は、ベールが取れたような色の違いが発生して、水滴も一段とよくはじいています
ややムラになったという感じです。
これは、「キッチンシモン」を使って全体をよく擦って落とさなければ……と感じさせられました。
これを使っていれば、ステンレス鍋はいつもピカピカになりそうです。

5.
「無添加の石けん」ということで、本来の用途ではない部分に自己責任で試してみました。
コーヒーをよく飲むため、歯にコーヒー渋が付着し、定期的に歯科医で除去してもらっています。
普段は研磨剤入りの歯磨き粉は使わないのですが、仕方なく、たまに、ヘビースモーカー用のやに落とし歯磨き粉を使うこともありました。

そこで、コップのコーヒー渋を見事に落としながらも、無添加手に優しいということから、歯磨きに試してみることにしました。
ブラシにつけて、あまり水分を加えないようにしながら着色の気になる部分を中心にして全体を磨きました。

口から泡を出すと、その泡が薄茶色っぽくなっていました。
よく口をすすぐと、効果は明らかになりました。
その後、口の中や歯ぐきなどに違和感はありません。

3日間続けて試してみましたが、ブラシの入りにくい部分は少し残っていますが、目立つ部分はかなり除去できました。
研磨剤の強い磨き粉を使うよりは、歯に害が出ないのではないかと思います。

6.
なお、ほかの編集部の者からの感想では、「確かによく汚れは落ちました」というような感想が複数ありました。いずれも台所で使ってみたようです。
また、普段使っている液体式の洗剤に慣れてしまっているため、固形だとやや使いにくい感じがあるという感想もありました。