おそうじシモン 「そんなに凄いのか?」(らんさぁ@蝦夷さん)

そんなに凄いのか?」「本当かよ?」という期待と不安(らんさぁ@蝦夷さん)

「おそうじシモンプレゼントレビューその1」

注文してから一番到着が待ち遠しかったのが「おそうじシモンプレゼント」でした。
レビュー記事や関連記事を読むにつけ、「そんなに凄いのか?」「本当かよ?」という期待と不安が。

最初に使う場所は決めています。
お風呂掃除。
いつも湯垢取りには非常に苦労しており、バスマジックリンだと力技で削ぎ落とすことになるので苦痛でした。
試しにママレモンを使ったことがありますが、「湯垢の表面を洗う」だけで、一切落としてくれません。

まだかなまだかな~♪
学研のオバサンを待っていた子供時分のようにクロネコヤマトを待ちます。
ブロロロー、ガスン、ガチャ、たったったった・・・・・・ピンポーン!
きたー!

シンプルで無駄のない梱包には好感が持てました。
余計な梱包ゴミが出ませんし、注文した内容に対して適切な処置がされています。
注文してから1周間弱、これは全世界を相手に様々なジャンルの商品を通販商売している「世界のGe3」から、明治になるまで日本ではなかった蝦夷 地の田舎に送られてくる日数としては短いほうだと思います。
届いたのは、最近ホームページの告知で変更になった、タッパーに入った2つで一組のもの。
使用済みタッパーは小物入れに使えますから、これはこれで嬉しかったり。

さあ、戦場(風呂)へ!
とりあえず湯垢の染み付いたプラスチック製洗面器をパシャリ。
使用前です。

自分自身を洗うのは後回しに、早速格闘開始。
お風呂掃除用の馬鹿でっかいスポンジに「おそうじシモンプレゼント」をコシコ
シ泡立て。
・・・・・・うーん、なんだろう、この感触。
石鹸とはまた違う・・・・・・

あ、そうか。
チョコレートみたいな感触なんだ。
それも、ホワイトチョコレート。

普通の石鹸のような硬さがなくて、見た目に反して最初からクリーミーな感じなんですね。
昔ながらの銀紙にぴっちり包まれた硬いバターかと思ったら、マーガリンだったって感じです。

普通の石鹸よりも泡立ちが凄く早いです。
小さなおそうじシモン、直ぐになくなるかと心配でしたが、この泡立ち方だとそんなことはなさそう。

バスマジックリンで湯垢を落とそうとするとですね。
気持ち程度だけ浮き上がった湯垢を、ゾリゾリっと、もう、力ずくで、汗まみれになりながら削ぎ落とすというのは先に書きましたよね?
しかも根性なしの泡が、すぐに消えてなくなるので、頻繁にバスマジックリンを追加しなくてはなりません。

違いますね。
「おそうじシモンプレゼント」では、全く違います。
印象としては、汚れを浮かせるのはもちろんですが、同時に汚れを溶かす作用が大きい感じです。
肝心なのはレビュー記事や関連記事でも強調されています通り、泡。
泡が、汚れを落とします。
だから、すごく楽なんです。

写真には取っていませんが、プラスチック製のお風呂イスも一緒に洗いました。
こちらは前回バスマジックリンで大汗かきながら長時間格闘し、それでも薄皮一枚の湯垢が残っていたという強者です。
これがまあ、あの戦いはなんだったのかというくらい、楽勝で。

こりゃあ、凄い。
なんていうか、「おそうじシモンプレゼント」を目当てにGe3商品を買う必要があると思いました。
次の注文までにキャンペーンが終わらないで欲しいです。
つーか、再販してくれたらこんな心配しなくて済むので、再販して欲しいです。

私は貧乏ですので極端な値上げをされると手も足も出ませんが、多少の値上がりでしたらがんばって定期的に購入しますので、是非とも「おそうじシモ ン」の安定供給(Ge3的に不良在庫を抱えないという意味でも「安定供給」可能な方法で末永く)をお願い致します。

さて、それまでは「おそうじシモンプレゼント」目当てでGe3商品買いますか!(笑)

コメントを残す