乾燥からの痒み(兵庫県 かなめさん)

12月のセミナーでいただいたバームのサンプルをひとつ、使いきった感想です。
 

自分にも使っているのですが、効果が顕著に感じられたのは夫の脚に使ったときでした。
毎年この季節になると、靴下を履いている部分の肌に、両脚とも、引っ掻き傷が多数できて、それぞれに血が滲みます。
いつもはオロナイン軟膏を塗っているのですが、今回は片脚に塗り薬(W●LED社の薬用カレンデュラクリーム)、もう片脚にはいただいたクリームを塗ってもらいました。
どちらも保湿力が高いと謳われているので、期待していると、年末年始の三日間、塗らずにいた期間を含めて、二週間とかからず写真のようにどちらの脚も傷がきれいになりました。
当初、夫は「自分では(脚を)引っ掻いていない」と言っていたのですが、傷がきれいになったことを指摘すると、「痒くないから引っ掻かなくなった」と、治ってはじめて、乾燥からの痒みで自ら掻き傷をつくっていたことに気づいたようです。
 

もしかすると、市販の塗り薬のほうが更なる即効性は見込めたかもしれません。
ですが(急を要する傷でないなら)、薬効成分のないGe3さんのクリームを使ったほうが、体にも肌にもよいのでは、と思いました。
あれ?クリームには薬効成分が含まれてないのですよね?
傷、どうして治ったのでしょう?あれ?
ちなみに、実質塗ったのは、毎日お風呂上りに一度でした。 
 
最後に、今の容器の見た目を可愛くしたいなぁと、写真のようにマスキングテープを貼ったのですが、これがよい滑り止めになって、蓋が開けやすくなったことをご報告します!
オリジナル感が出て、かつ滑り止めにもなって、一石二鳥でした^^