【超結界機器用F1】不自然さがなくなり有機的な音色に

投稿者:アイク@東京さん

使用製品:超結界機器用F1


ご使用のシステム
MAJIK DSM

 
ネットワークオーディオに有効というレビュー投稿も多く、
以前から興味のあった製品でしたがなかなか導入できずにおりました。

リビングの棚の上にスピーカーとネットワークアンプが共存している
悪条件の設置状況を少しでも改善すべく、
他社のアクセサリーなども使用して試行錯誤し、
自分としてはある程度満足のいく音が出るようになってきました。

情報量は多いのですが、特にフォルテの表現でほんの少し機械っぽい音がするので、
機器自体か設置方法の限界か・・・と思ったところで本製品の存在を思い出し、
ダメ元(失礼!)で購入してみました。

光回線終端装置下部に一枚、Elecomルーターの下部に一枚、
そしてMajikDSMの下に一枚を置いてみました。

すると・・・確かに音の変化を感じることができました。
ただ、うまく言葉にできません。
これまで気になっていた機械っぽい音が相当ほぐれ、
不自然さがなくなり、有機的な音色になりました。

低音が増えた、とか高音が伸びた、というようなオーディオ的な変化というよりは
「音」が「音楽」になった、という感じです。
まるで、今までバラバラで一致団結できなかったオーケストラ楽団が指揮者の力でまとまり、
一気に個々の能力を開花させたような感じです。

小さなフェルト片を非接触で置いただけで、この効果が出ることには驚かざるを得ません。
正直に申し上げてちょっと勇気のいる買い物ではありましたが、思い切って良かったです!
ありがとうございました。