【雲泥・うす】音場の見通しがすごく良くなった

雲泥・うす

BBSにご投稿いただいたレビューを転載します。

投稿者:Kata@長野さん

使用製品:雲泥・うす


以前から、きささんに「SPを床から持ち上げるように」と言われていました。
要はSP台に乗せろということです。

現在使用中の2S-305はSPの下部に厚さ30ミリの巾木が付いていますので、
この部分を支えるSP台が必要です。
そこで、きささんと相談しながらこんなものを作ってみました。

雲泥・うす

・昔作ったを解体して、角材を25センチにカット(吉野杉です)
・その上に「雲泥うす」をセット
・「雲泥うす」の両側に3センチ角の木材をフローリング用接着剤で貼り付け
 (この角材の隙間にSPの幅木が挟まれる、且つ幅木が「雲泥うす」の上に乗る訳です)
・これを6本制作

これでもGe3値は125.6Pもあるそうですw。

SPを乗せた姿はこんな感じ。

2S−305は1台40キロもありますので、SP台に乗せるのも一苦労でした。
SPを傾けて座布団を挟み込み、次は反対側に傾けて座布団を挟む。
これを繰り返しました。
要は、笑点方式でSPを持ち上げた訳ですw。

さて、音の変化ですが、
中低音が澄み、音場の見通しがすごく良くなりました。
演奏者の息遣いが良く聴こえますw。
クラッシックではホール感(ホールに音が響き渡っていく感じ)がよく出ますw。

と上々でしたが、きささんからは、
「パイプで繋げて転倒防止の補強をするように」と言われていますので、次は補強をやってみます。

 
以前きささんがやっていたことを真似て、こんな物も作りました。

アナログレコードは市野式プリアンプとAH!のパワーアンプで鳴らし、
ネット音源はSA3.0で鳴らすようにしました。
その際、SPケーブルを差し替えてます。
このSPコンセントGe3値は122.6Pあるそうですw。


TAKE@ふじさわさん:

3本足なのですね。
高さの微妙な調整は必要になりますが、
パイプで繋げて補強するならば4本足の方が良いかもしれませんね。


Kata@長野さん:

バランスが取りやすいかな?と考えて3本足にしましたが、4本足でも大丈夫そうです。
なかなか高さを正確に揃えてカットするって難しいんですよね。
今回は大工さん用の高級(?)鋸で丁寧に切断しましたw。