【竜巻5号】とても落ち着いた自然な感じに

投稿者:MARK@北海道さん
お試しいただいた製品:竜巻5号


MARK@北海道さんのAudio情報

DAC:AirMac Express(アース+電源ケーブル変更)
NAS:RECBOX(IODATA) & 「LAN DISK」HDL-GTR(改造)
PC:iMac & macbook pro(SSD改造)
プリアンプ: AIRBOW SR6008 Special(+追加改造)
パワーアンプ:McIntosh MC252(オリジナル改造)
スピーカー:JBL TS6000(オリジナル改造)


MARK@北海道さん:

この度は、お試しサービスを提供して頂き、大変ありがとうございました。

今回、当方がお借りしたのは「竜巻5号」という商品です。 
スピーカーの片チャンネルとアンプにトルネード配置を施して、

各々その変化を確認させて頂きました。

正直申しますと、「激変」と言えるほどの変化は、自分には感じられませんでした。
感性が鈍いのでしょうかね・・・
また、Webの説明にもあるように効果が安定するまでそれなりに時間が掛かるようです。 

限られたサービス期間内にて、詳細な検証をするのは、そもそも困難なのかも知れません。

感じられた効果をザックリと申しますと、
室内の空気感がまず変わって、とても落ち着いた自然な感じになります。
(生々しいリアル感とはまた違った感じです)


きさ@Ge3:

多くの方は、この変化を激変だと言って驚いているのです。^^;
空気感が伊勢神宮みたいだとか言っているのは、このコトです。
なので、充分感じられていると思いますよ。(笑)
逆にお尋ねしたいのですが、この様な変わり方をするグッズを他にご存知なのでしょうか?


MARK@北海道さん:

音色が変わるとか、レスポンスが変わるとかの変化は特には無く、
全体的にグッと落ち着いた感じになります。
密かに摩訶不思議な激変を期待していたのですが、
皆さんがレビューに書かれている良い内容を見て勝手に頭を膨らましすぎて、
過剰な期待をしてしまったのかもしれません。
あと、もしかしたらシステム自体の伸び代にも関係しているのかもしれませんね。


きさ@Ge3:

「竜巻5号」による変化は質的、”気”の変化だと思われ、
音圧とかレスポンスなどの変化は量的な変化だと考えています。
この量的な変化は物理的な対策でないと改善されません。
それが、スピーカユニットに付ける「ヒグラシ」であり、
黒アゲハ」で、足元の「雲泥2」や「大地」ですね。
これらは装着済みですか?かなり変わりますよ。


MARK@北海道さん:

最後に「要石25機器用(販売終了)」にも興味が沸いているところですので、
このあと順にRCA用とスピーカー用を試させて頂きたいと考えている次第です。
要石は、初代の製品(車用)を過去4代の車を経て、
今の愛車にも装着させて頂いておりまして、その効果は十分に理解しているところです。
・・・もちろん当時製品×25ですので、当然期待大ですけどね(笑)


きさ@Ge3:

「要石25」は物理的な特性に作用して変わりますよ。
でも、SP用はSPを「ヒグラシ」などでチューンしていないと、変化が聞こえない可能性が高いです。
これが「相撲取りがゴムボートの上で相撲を取っている」と例えている状況で、
出るものが出ない訳です。

下の写真に現在のGe3値を書き込みました。
各装置の性能を足元や棚板がスポイルしています。
前の数値が現状で後ろの数値は「雲泥2」を使った時のGe3値です。
棚板をコーリアンボードに替えると更に向上すると思いますよ。


*現在はバージョンアップした「要石125」を販売中!

コメントを残す