【銀蛇LANケーブル】全体として「音がほぐれた」感じ

投稿者:じゃこうねずみ@東京さん
お使いいただいた製品:銀蛇LANケーブル


じゃこうねずみ@東京さんのAudio情報

・アンプ:クライナ(旧KRYPTON) ML-55(改)、MH-110(改)
・スピーカー:クライナ(旧KRYPTON) HAD-35(改)
・プレーヤー:Linn Akurate DS/K、 LP-12 ITTOK LVII 初代光悦 プラチナウッド
・その他ご使用の機器:LANケーブル オーディオクエスト シナモン
 USB mini-B オルトフォン
 スピーカー、インターコネクト:クライナ(旧KRYPTON) SP-K2Zなど
 ドライブ:ロジテック
ルーター:バッファロー
 HUB:プラネックス FX-08IM4
 Windows 7 dBpowramp


接続して直ぐは、ざらついた音、しばらくすると滑らかになりほっとしました。

従来のケーブル(付属品)との比較

音の広がり、軽さ、立ち上がりのスピードが改善した。

広がり、高さが出て、音の俊敏な軽さがあり、それは厚みを伴った充実感がある、生に近い印象。
音と音の間が明確になり、ピアノをすがすがしく聴くことができました。

全体として、「音がほぐれた」感じです。

人の声の子音のざらつきはないが、レンジが広いと解像力と定位がしっかりするのではと感じた。

One thought on “【銀蛇LANケーブル】全体として「音がほぐれた」感じ

  1. 「なんでLANケーブルで音が変わるの?!」って感じでしょう。
    デジタル情報以外の何かが流れているとしか、考えられないですよね。
    でも、違いが聞こえない人の方は80%みたいなので、残念です。

コメントを残す