ユーザレビュー

音が空間が澄んでいる(北斗の男@さいたまさん)

BBSへの投稿を転載します。
 

北斗の男@さいたまさん:
実はこのたび、銀蛇DC雲泥を購入した際、
なんと”SORA”バージョンで送っていただきました。
きささん、ありがとうございます!

金曜日の夜にHS-210と市野式電源の間に接続してみましたので、
取り急ぎ第一印象の報告です。

 

まず接続時ですが、Yラグが小さいものに変更になっていました。
そのままでは市野式電源のコネクタネジを緩めた隙間には入らず、
結果として線を通すために開いている穴に
Yラグの片方を突っ込むカタチでネジを絞めました。

さて、音の確認です。
元々、銀蛇DC雲泥を繋げていた事も有り、すぐに効果が分かるかな?
と思っていたのですが、そうは問屋が卸しませんでした(^^;)
外装変更によるGe3値のアップ度が大きいからでしょうね。

繋いだばかりでは、まずは奥行き感が向上したように思えたのですが、
音に元気が無くなってしまい、音像のフォーカスも甘くなってしまった印象でした。
聴いていて全然気持ちよく有りません(笑)

昨日1日の間は、やはり音像のぼやけ感が収まりません。
すぐにレビュー報告したいと思っていたのですが、これでは何とも書けません。。。

ただし、この状況ですぐに慌ててはいけません。
そうです、トレーニングが始まっている可能性が高い訳です(笑)

 

そして本日、午後2時くらいでしょうか、
やっと良い方への手応えが出始めました。音に元気さが戻ってきました。
音像のフォーカスも昨日とは全く異なり、引き締まってきました。

現状、SORA化していない雲泥版との違いと言えそうなのは、
余計なもの(ノイズ?)がさらに無くなった感じで、
それがヒステリックさを減らし、落ち着いた音へと変化する事でしょうか。
それを元気の無さと感じたのかも知れません。
(つまりは、いつもノイズまみれのヒステリック音を聴いているとしたら、
 人側のトレーニングも必要かも・・・)

また、奥行きというか、ステージが奥に拡がります。
この変化は私にとっては大歓迎です!
後は音像がはっきりし、リアル感が戻ってくれれば・・・

 

うん、この手応えなら、通常の雲泥版をど~んと追い越してくれるかも・・・!

”上”に伺ったところ、12/3一杯でトレーニングは完了するそうですので、
そのときにどうなるか、ですね。とても楽しみな状況です。

銀蛇DC雲泥版を使われている方でも、
SORA版では最初大きな変化が有ると思われます。
かなりがっかりするような音になってしまうかもですが、ガマン、ガマン(笑)

12/3まで待ってからですと、
ちょっと第一報としては遅いかな、とまずは報告でした。

 

きさ@Ge3:
なんか知らない音でしょう?

>まず接続時ですが、Yラグが小さいものに変更になっていました。

大きなのが無くなったのでコレを付けましたが、入りませんか? ^^;
金メッキのY端子は特注なんです。
手持ち分が終わったみたいですw。

Ge3で使っているY端子は本物の金メッキです。
金色メッキではありません。

無くなったみたいなので完了ですね。
再発注はしません。^^;

 

北斗の男@さいたまさん:
なんか知らない音でしょう?

もう少し落ち着いた音になってから報告すべきでした。。。
これほど音が暴れるトレーニングは初めてでした(^ ^;)

今鳴らしていますが、またワンランク、いやツーランク上がりました。
今まで濁った湖の水面を見ていたのかな、
というくらい音が空間が澄んでいるように感じます。
今なら言えます・・・これは凄い!!

まだトレーニング中なんですよね、これ。
チョー楽しみになってきたゾ〜!!

コメントを残す