腰が座り陰影表現がより巧みに(ASH@東京さん)

市野式電源タップのレビューです。

 

すまじきものはIT土方かな。
というわけで、やっとのことで市野式電源導入後の
音楽鑑賞時間が取れたので、遅ればせながらレポートです。

写真はbhutan@大阪さんが貼られたものと似た感じになってしまいました。

まず外観は見た通りに素朴な木製オイル仕上げ。
大地の前に置くと良く映えます。
この外観はフローリングにも、和室の畳にもマッチしますね。

蓋を開けた写真の通り、コンセント口は筐体にガッチリ固定されており、
コンセント抜き差しもスムーズに行えます。

 

実際に音出しをしてみると
「きささん、Kataさんが居る時に間に合っていれば」
と思わずにいられません。弦楽器なんか絶品です。

「腰が座り、陰影表現がより巧みになった」
困ったことにbhutan@大阪さんと違う表現をしたいのですが、
実にうまく言語化されてらっしゃるので、大変難しいw

それでも頭を捻ってみると「不思議である」なんですよ。
ここ最近のGe3製品による音質向上の方向性と市野式は似てるのです。
bhutan@大阪さんのおっしゃる様に、1アルバムでは止まりませんよ、これ。

 

実は市野式球ハブ第2段も同時に受領していて、
しばらく電源による音質向上を楽しんだ後にハブ導入といきたかったのですが、
我慢しきれず同日中にハブも導入してしまったので、
電源単体でのレビューはここまでとなります。

市野さん、市野さんの木工仲間さん、きささんのおかげで、
待望の電源周りを固めることができました。ありがとうございました。

コメントを残す