音の浸透力が格違いです!(山口県 ニコニコさん)

ELACのJETⅢツィーターは外さないと、施工がむずかしいと思っていましたが、正面の部品をはずしにかかった所、よく見ると、筆でそのまま塗れそう!
点付筆と平筆を用意し、塗り塗り開始です。
点付筆がJETのジャバラの間にするっと入り施工終了。
水溶性の液は少量でとても塗りやすい!
塗った後は光沢があります。
Audirvana plusは1.3.9.10がアップされていますが、ノイズが出るので、1.3.9.9に戻し、AudeivanaのiTunes integrated Modeで画像選択して再生です。
前回のシモンバームはウーファーのみの施工でしたが、今回はメインの帯域を出すJETⅢにも施工しましたので期待も高まります。
 
凄い~!
ヴォーカルが特に凄い!
一枚も二枚もベールが落とされて、バックのヴォーカルも良く聞こえます!
なんじゃ、これ~は!
音の浸透力が格違いです!
いかに、今までの音がぼけていたのか、
筆で塗り塗りしただけのお手軽施工で、これだけの音が出るとは、
今までの数々のGE3チューンの中でも、この効果は最高レベルだと思います!
きささんの興奮状態が理解出来ます!
音の純度が上がると、ヴォーカルの暖かさ、繋がりのスムーズさ、くっきり、はっきりと骨格もブレ無く再生されます。
 
気づけば、3時間ほど、いろいろアルバムを取っ替え引っ替えての再生を楽しんでしまいました。
これにスピーカーに超結界機器用を8枚使った、十時貼りまでしたら、どんなことになるやら、
まだ先があるのがたまりません!
 
<Ge3スタッフコメントbyきさ>
蛇足ですが、水溶性では無いよ。(^O^)v
水は含んでいないので、サビなどの心配はありません。m(_ _)m
 
そうですよね、水だと経年変化で問題ありますよね。
あまりにサラサラで、塗りやすかったので、失礼しました。
エッジに貼ってあるケブタに浸透して、ケブタの先からポタポタと、もあれの液が垂れてくるのですが、「もあれ」を施工したスピーカーのエッジのケブタは取っても良いでしょうか?
 
<Ge3スタッフコメントbyきさ>
付けたままでも悪さはしないと思いますが、邪魔なら取ってもOKです。
役目は”もあれ”と同じなので支障ありません。 
ニコニコさんのblogは>>>こちら