音が伸びる! 伸びる!余韻が何とも良いです(大阪府 bhutanさん)

ウーファーのダンパーへ「もあれ」塗りました。
きささんの塗り方説明どおり、コーン紙より、たっぷり塗リました。
 
(音の印象)
音が伸びる! 伸びる!余韻が何とも良いです。
音場が更に静かで、生々しいです。
比べると、以前の音は作り物だったように感じられます。
音の切れ味、ダイナミック・レンジ拡大、低音の量感もUPしました。
ライブ録音のショスタコーヴィッチの交響曲14番:鐘の音、バリトン、コントラバスの響き、打楽器の音。
リアルです。
バルシャイさん凄い演奏。m(__)m
 
うるさく無いので、ついボリューム上げてしまいます。
 
今回の対策で、ダンパーが如何に悪さしていたかが良く解りました。
かって、種々のダンパー形状やダンパーレスが開発されたのがやっと理解できました。
必要悪だったわけです。
 
それにしても、音の佇まいが何か違う!
とうとう化けたかな!
 

(最終の「もあれ」使用量)

30cmスリーウェイSP 1ペアーの各エッジ、振動板、ダンパーに塗って30ccの瓶で、未だ1/3以上残っています。通常の使用なら30ccで充分です。
添付写真は「もあれ」の残量です。