微妙な空気感の音の階層が浮かび出す感じ(京都府 あそーさん)

超結界機器用F1
AVプリ&パワーアンプにピラミッド貼り 

さて、本日は超結界機器用F1を、既に4枚貼り済みのプリ&パワーアンプの天板に1つづつ貼り、ピラミッド貼りとしました。(片方のアンプだけだと焼きもち妬きそう=アンバランス?なので両方一気に施工)
 
おー!まず音場が透き通り始め、微妙な空気感の音の階層がレーザーフォログラムのように浮かび出す感じが格別に向上。
変化の進度は最初に4枚貼りした時に比べ遅効性かな。
SN比が向上し、音量は小さくなった感じ。
 
しかし数時間後、Dレンジ拡大。とくに低音の効果音のレスポンスとパンチがかなり向上し
いきなりドキッとさせられることしばし。
 
一夜明け、昨日と同じwowow録画「史上最大の作戦」AAC5・1chを再生したら、
これまた驚きました。
 
音像の分離感がかなり向上し、定位がより明確になり、
一つ一つの音源から共鳴する響きやウブゲが3D展開され始めました。
 
夜間のパラシュート降下作戦シーン。四方八方から発する機銃音の数が増えるのはもちろん、跳弾の音が空気を切り裂く様や、鐘の余韻が立体的に展開され、昨日の音が擬似ステレオだったのではとマジに考えてしまいそうな変化です。
 
1960年代初頭の録音ですが、ナローレンジ感は失せ、
「プライベートライアン」とは違ったシンプル録音の迫力にマイッタ!
 
嫁さんが割り込み、昨日買ったユーミンのニューアルバム聞いてたら、
臨場感アップと、楽器とボーカルの微妙な表現力に涙してしまいました。
「新技」おおきに。
 
超結界機器用F1
フロント3chSPにピラミッド貼り
 
「アテンション、アテンション オール ステーション アテンション・・・
 オーディオ新次元進化開始。
 最優先でスピーカーをチューンすべし!
 防御と攻撃のため各隊員は
 超結界機器用もあれを携行せよ!」
 
これが最近のGe3流極意m(__)m
 小ぶりちゃんになった超結界機器用を5・1chのフロント3chに1枚ずつ貼りました。
既に旧バージョンを其処に4枚ずつ貼っていましたので、
ピラミッド結界がハイビジョンテレビの前に3つ並ぶことになりました。
左右chはビクターSX3逆ホーン、センターは乙にステレオ誌付録10センチユニット。
全隊員配置完了、スイッチオン! 
 
これまた即効で・・・「来たー!!」
 
音像がさらにピンポイントで3D定位しますが、単なる点音源でなく
 その形や輪郭が判る方向性 で定位します。
高さも自由自在、3つのSPから出る音は、
ずっと奥の方から大きなスクリーンに3D映写している感じがいよいよ克明となり、
まじで4Kプロジェクターが欲しくなってしまいます。
 
質のいい瞬発力ある低音にも驚かされます。
 
3日経過したらさらによくなり、2chはボーカルの姿がさらにはっきり見えてきました!
2chだけでサラウンドする響きやウブゲも見えそう、というか見えてきたというか
(絵にかけるのは間違いない)
 
トレーニングが進み、音像から波打放射される様々な響きがSPを完全無視し部屋の外へ伝播し、
サラウンドは前後左右、部屋の中にぽっかり浮かぶ音まで描きます
(「ドクトル・ジバコ」戦闘・革命シーン他 1965年)
 
「踊る大捜査線2」の無線、「幸せパズル(いい録音です)」の鳥の声など
実態感を持って上下やリスナー近くまで寄って定位します。
 
やはりスピーカーをチューンした成果は他と比較し歴然としますね。
こりゃサラウンド(現状ユニットに1枚のみ)をピラミッドにし、
さらに全chトルネードにしたら・・キャー(≧∇≦*)
 
結論・・・「毎日 幸せ~^^」
きささん、スタッフさん、おおきにですm(__)m
 
表現の訂正
 ピラミッド貼り
 
すみません・・・次の表現訂正しますm(__)m
 
>これまた即効で・・・「来たー!!」
>
 
「来たー!!」
と言うより・・・
 
 「で^^;、出た~!!」
という感じですね\(^^)/。
 
>音像がさらにピンポイントで3D定位しますが、単なる点音源でなく
>その形や輪郭が判る方向性で定位します。
>高さも自由自在、3つのSPから出る音は、ずっと奥の方から大きなスクリーンに3D映写している感じがいよいよ克明となり、まじで4Kプロジェクターが欲しくなってしまいます。

今日も映画の触りを見たら出る出る!こりゃほんまの3Dだ!!