音場も明らかに広がり、音楽の抑揚もより大きくなった印象(村井裕弥さん)

『Stereo』8月号筆者競作のために作ったスピーカー(小型バスレフ)に、“もあれ”を塗りました。
ユニットはもちろんスキャンスピーク、8月号のオマケです。
 
“もあれ”はまだ、振動板とエッジにしか塗ってないのですが、
それだけで「このスピーカー特有のくせ」みたいなものが消えて、
「本来こういう風に鳴ってほしい」と願っていた方向にシフトしました。
 
それに加えて、超結界機器用トルネード貼りも試したら、
いかにもスピーカーっぽい音がよりナチュラルに。
ハイスピードになった分、刺激的になるという変化ではなく、
ハイスピードになった分、音が生音に近づいた印象。
同じ振動板から出てくる音とは思えません。

音場も明らかに広がっています。
音楽の抑揚も、より大きくなった印象。
 
来年も、筆者競作に出られるなら、
今度は最初からも“あれ”を塗って、勝負に出たいと思っています。