音がほぐれて見通しがよくなったよう(千葉県 hayaさん)

 中華DDCの導入を模索したり、フロスタへDDCを取り付けてみたり、
といろいろなことを超銀蛇デジタルの導入と一緒にやってしまい、
何が超銀蛇デジタルの効果なのかわからなくなっていました。

そこで、いったん従来システムに戻して
落ち着いて評価をすることにしました。
(winPC+中華DDC組み合わせでは、今のところ
  聞き疲れする感じが、取りきれないです)
 
 
システムは、↓こんな感じです
 PC:シングルボードPC alix3d2
 DDC:XMOS DDCボード(同軸出力追加)
          →基板をフロスタに固定
 AVプリ:Onkyo DTC-9.8
 パワーアンプ:べリンガーEP2000
 スピーカ:Kef reference201
 スピーカケーブル:芋蔓DQ
交換したのは、DDC基板とAVプリの間のケーブルですが、
これまでは手元にあったアナログケーブルで代用していので、
超銀蛇デジタルと比較するのも気が引けますが。。。
 
超銀蛇デジタルの効果は、、、
まず気づいたのは、音がストレスなく、伸びやかに鳴るようになることです。
ケーブル交換前とくらべて、音が「スピーカーで鳴っている」感じが更になくなり、
部屋中に響きわたり、音がほぐれて見通しがよくなったように感じました。
ライブのCDでは、まさにライブ場が眼前に展開されているようです。
ケーブル交換前は、音が2本のスピーカ間+α程度に響いている程度だったんだな
と交換して初めて気づきました。
もう少し頑張れば、ライブ会場にいる感じが得られかも。
また一歩、川越に近づいたと思います。
開発、おおきにです。m( _ )m
 
<Ge3スタッフコメントbyきさ>
きさ@Ge3です。
どうも裸のCPUボードが気になって調べてみました。
 122.3p 現在
 125.4p DDC基盤を完全シールド後
DDCを1mmメッシュの金網で包むと良いみたいです。
ショートが怖いのでフェルトで挟むと良いかもね。
展開図を書いて出来るだけ完全に包むツモリの方がイイね。