リアルさは鳥肌もの(福岡県 阿闍世さん)

リファレンスSPも遂に、Ge3化の時が来ました(笑)
 
事前にきささんから色々とアドバイスを頂いておりましたが、今回は「コーン」や「エッジ」のみの対策となります。
それはあまりに一気にやり過ぎると、どこの何がどう化けたのかわからないからです。
 
愛用のSPは、ガレージメーカー製なので音も見た目もとにかく質素です(これは貶してないです。褒め言葉です…笑)。
なので、塗ることに抵抗があるような意見も多々あるかとは思いますが、私は大歓迎でした(笑)
実際、塗ると適度に光沢が出て高級感が出ましたので、一石二鳥です。
 
Ge3化したリファレンスSPの音は、まさに化け物です!!(笑)
次元がまるで違います。
一聴した瞬間に笑ってしまいました(笑)
Ge3の製品は色々試して来ましたが正直、過去最大級の驚きです(「超銀蛇デジタル」と同等ですね)
リアルさは鳥肌ものです。
ボーカルは圧巻、楽器も生き生きします。
塗った直後から異様な音が出ております(これまた褒め言葉です…笑)。
しかし、やはり数日経つとかなり馴染んで来ますね。
これまたGe3らしく、変に味付けする変化ではありません。
付帯するのではく、削ぎ落す感覚だと思います。
聴こえなかった音が聴こえ、見えなかった音ステージが見えてきます。
 
塗らないと損ですよ。
腰抜かすほどの変化です(笑)
この変化に気づかない人は皆無でしょう。
量もたっぷりあります。そして塗りやすい!
乾燥しても効果に変化はないのが嬉しいですよね。接点にも試したくなります。
万人に知って欲しいスグレものです。 
 
<Ge3スタッフコメントbyきさ>
でしょう!
腰ぬかす程、違うでしょう。
次元が違いますよね。
モアレ以前とモアレ以後ですもんんね。 
でも、あんまし伝わらないみたいですね。残念。(T_T)