【竜巻3号/超結界機器用】生命を感じる歌声

投稿者:riverfield@福岡さん

使用製品:竜巻3号(販売終了)・超結界機器用F1(販売終了)
*現在は後継商品の「竜巻5号」「超結界・豆」を販売中です


竜巻3号を、スピーカー用に8×2set購入しました。
スピーカー台を含めてトルネード化しました。
スピーカー台を含めた高さは1m強ですが、
スピーカーの天板の大きさ30cm×25cmなので台を含めて効果ある範囲に収まっていると思います。
台とスピーカーの間には礎(販売終了)を設置しているので、礎の効果アップも期待しています。
 
次に4.5mm鉄板をホームセンターで買ってきて、
スピーカーにはそれまで超結界機器用F1×1枚でトルネードを施していたので、
余った16枚と超結界機器用F1×8枚で機器をまとめてオルゴンボックス化しました。
鉄板の寸法60cm×45cmなので、結界を作る範囲を49cm×45cmとしました。
私の目論見では、将来、高さ2m近くまで機器を挟み込めると考えています。
感想を列記します。
 
音がさらにピュアになり、どんなケースでも決してうるさく感じることはなくなりました。
部屋の反射音に関係なく、音像が定位するようになりました。
ガラス棚がライブのためずっと気になっており、
音楽鑑賞中は棚の前にダッフルコートを掛けるようにしておりましたが、もう関係ありません。
余韻や残響がリアルに聴こえ、体の後ろに回り込んでいくのがはっきり感じられます。
 
生々しいというより、生命を感じます。
確かに、カレン カーペンターの生首がそこで歌っています。
残念ながら首から下は再現できないので、少し不気味ではありますが。
それだけではありません、ナマ声の持つ説得力というか、
歌を通じてメッセージを伝えようという気持ちが伝わるようで、
英語は得意じゃありませんが、フレーズの意味が明瞭に聞き取れることがあります。
 
いつもながら、Ge3さんの製品の確かな効き目に感謝するとともに
予想外の展開にワクワクさせられます。
 
*現在は後継商品の「雲泥2」を販売中です