この出てきたという表現はGe3独特(長野県 KATAGIRIさん)

2014.01.13 BBSより
 

きさ@Ge3さんから、大黒アゲハでDACの基盤の振動対策をすると良い、とアドバイスを頂いていましたので、DACとついでにPCに処置してみました。
DACは基盤の裏表に大黒アゲハを貼り、少しでも振動しにくいようにと、余っていた茅蜩・鼓粒をDACのケースに貼り付けました。
PCは(一般的なデスクトップPCです。音源としては最悪w)、空冷式クーラーを取り外し、CPU周りの空いたスペースに大黒アゲハを貼り、ハーネスやUSB端子などにも貼ってみました。
ついでのついでにアンプ内のハーネスにもコレでもかと貼り付けましたw。
いや~良く効きますまだトレーニング中なので少し荒削りなところが感じられますが、だいぶ出てきました。(この出てきたという表現もGe3独特ですねw。やっと使いかたが分かってきました)
余韻が伸びる伸びる、音場が前に張り出し、情報量も格段に向上。
モニターの画質も情報量が増し、色鮮やか。
大黒アゲハは期待を裏切りません。
とにかくケーブル類の両端や振動していそうな部位に貼るだけで音質・画質とも向上するのですからたまりません。
大黒アゲハ様様です

Kataさんのblogはこちら >>> PCオーディオな日々

<Ge3スタッフコメントbyきさ>
大黒アゲハは効くでしょう?
基板や筐体の補強には大黒アゲハが効果的です。
クルマのドアなら1枚でをドアの鉄板に貼るだけで充分です。
SPの筐体も同様に補強できます。
必要な量はクルマのドア1枚には大黒アゲハ1枚から想像してみて下さい。
多分、60kgまでのSPなら1枚でOKです。
30kgなら半分ですね。
付録のAMPなら1/6でOKだと思いますが、多すぎても問題はありません。

コメントを残す