更に音場が広がる。もう2chでいい(TAKE@藤沢さん)

私も菱餅、雲泥を使用しておりましたが、実は左右のメインスピーカーに使ったのは菱餅だけでした。
(初代雲泥は1セットしか買えなかったのです。)
しかも、足元は大地を導入しているものの、雲泥2導入前はスピーカー付属のスパイクを使っていたという有様。(3.11以来)
しかしようやく大地の本領を発揮できる機会が来たというわけです。
色も綺麗で、それだけでもお気に入り。

雲泥2を入れて直ぐはやはりトレーニングモードに突入。
それで超結界機器用バージョンアップのレポートを書き終えて聴き直すと
「あれ?トレーニング終了?」
最初に感じたのはやはり低音です。
うちのPMC FB-1は低音が出るはずのスピーカーなんですが、実際はまあそこそこ満足できる程度といった感じした。
超結界機器用を入れた時の音の広がり、中音の充実感も失われていません。

じゃあ、音が落ち着いたらレポートを書こうと毎日色々聞いていたら、毎日変わる。
レポート書けへんやんか(^^;

また変わるかもしれませんが、
音の厚みが増す。(下塗りをちゃんとした塗装みたいな感じ)
低音は下からぐっと出て来る。でも重くない。
ボーカルはさらに実在感がでてくる。
音がヴィヴィッドな感じ。カラフル。
ヴォーカルはやや上方に定位し、声が上から降り注ぐ感じで気持ちいい。
さらに音場が広がる。もう2chでいいわ。

しかし、スピーカーが別物に変わる訳ではなく、延長線上に性能が高くなる感じです。
気に入って使ってますので、嬉しいです。

スピーカーの性能を出したい方におすすめです。

■ちょっと補足します。

> しかし、スピーカーが別物に変わる訳ではなく、延長線上に性能が高くなる感じです。
別人のように歌い出しますが、ちゃんと本人が歌っているという。
ルーメンホワイトにはなりませんが(なればそれは嬉しいんですが(笑))、
スペシャルなFB-1になったと思います。

<Ge3スタッフコメントbyきさ>
きさ@Ge3です。
初代「雲泥」から随分お待たせしましたね。(笑)
待った頂いただけの値打ちのあるモノでしたでしょうか?
色合いも気に入って頂いたみたいで何よりです。
「SP本来の性能ってのは、まだまだコンナものじゃないよ!」って鳴りっぷりでしょう。

昔から「SPの箱はユニットの10倍は費用が掛かる」なんて言われていましたが、
土台、足、まだまだ色々なものが足を引っ張っていた訳ですね。
Ge3はそんな都市伝説を一枚一枚剥がしてゆきますよぉ!\(^-^)/

コメントを残す