【もあれ】自然な聴き疲れしない音に

投稿者:K.S.@埼玉さん

使用製品:もあれ


【オーディオシステム】

スピーカー(エール音響製)
・ウーハー:ME-4000N+Woody&Allen様製作、350L密閉型エンクロージャー
・ミッドロー:7550DEP+EX-150M
・ミッドハイ:4550DEP(ベリリウム振動板)
+ Woody&Allen様製作、カリン製200mm円形ホーン
・ツイーター:1750DE(ベリリウム振動板)

パワーアンプ(エルサウンド製)
・ウーハー用:EPM-30inv×2台
・ミッドロー、ミッドハイ、ツイーター用:EPM-3inv×6台

プリアンプ/プロセッサー/チャンデバー
・DEQX:HDP-4(出川式電源に改造)
・ラステーム:RCD-84(ミッドハイ、ツイーター用)

DAC(FIDELIX製)
・CAPRICE×2台(ラステーム:RCD-84からのD/A変換用)

音源
(メイン)
・MAC PRO 2009クアドコア(出川式DC140V電源)
・D/Dコン:エレクトロアート製、外部クロック導入、出川式電源
(サブシステム)
・QA550(出川式電源)
・OPPO BDP-93 D-CLOCK、電源部改造(出川式DC140V電源)

プロジェクター
・EPSON EH-TW-4500(出川式DC140V電源)


Ge3様より、エール音響のウーハー、ME-4000Nへの視聴レポ依頼を頂きました。

まずは、サブの機材でお試しください、とのことでしたので、
普段エールの4WAYの鳴り方を確認したり、フルレンジ好きの方に聴いて頂くのに所有しています、
FOSTEXのF120Aのコーン紙、ウレタンエッジ、ダンパーに塗布してみました。

上の写真はもあれを塗る前に撮影しました。

絵の具のハケを使って塗布しましたが、もあれがベタ付くことも無く、思った以上に塗り易くて、
塗った後のムラも出ないので、見た目を気にされる方も、安心してお使い出来る品だと思いました。
翌日には綺麗に乾いてくれました。

もあれは、少し黒い色に仕上がる感じがありますので、
ウレタンエッジのグレーが綺麗な黒に仕上がって、
見た目的にも塗布して良かったと思っています(^^)

そして、重要な音の変化ですが、まずは2時間くらいもあれ無しの状態を聴いた後に塗布、
1時間くらい置いて乾かしてからの視聴でしたが、音で表現しますと、
エッジとダンパーの不要な振動、お釣り的な不快な音が上手に抑えられて、
実に自然な方向に音が変化してくれます。

GE3さんの商品説明で、「もあれ現象を防ぐ」
実際のところ、言葉では理解できませんでしたが、音を聴いて、納得です(^^)
今回の視聴はツイーターもウーハーも足さずに鳴らしていますので、
コーン紙の振れる量も半端では無くて、どうしても1、2時間視聴を続けていますと、
聴き疲れをしてしまうのですが、それがかなり緩和してくれました。

これだけ自然に、聴き疲れせずに楽しめれば、
フルレンジには必須のアイテム、と言っても過言では無いと思います。

先日、国内フルレンジのFeastrexのNF-5を愛用されている方にも聴いて頂いたのですが、
「エールのメインが鳴っている、と思う方もいるのでは?」というご評価を頂きましたので、
間違いないと思います。

そして、今回メインのエールのウーハーにも塗布してみました。
エールのウーハーユニットは40Kg弱、エンクロージャーは350Lの密閉で、
100Kg近い重量がありますので、ダンパー部分の施工は今回は難しいので、
エッジのみの塗布になります。

ウーハーには要石25 SP用(販売終了)、地球独楽・弐(販売終了)を導入しまして、
ウーハーの紙臭さがほとんど、ゼロに近いくらいに感じることなく
楽しむことが出来ていたと思いますが、
エッジへのもあれの塗布によって、動きがより滑らかで、
特にウーハーが鳴らすのが難しい音源を再生した時に効果が分かり易いです(^^)

もあれはGe3製品の中でもリーズナブルな価格で、
これだけ自然な、聴き疲れしない音に変化してくれますので、
コストパフォーマンスも素晴らしくて、オススメの製品です。


<Ge3スタッフコメント by きさ>

希少な機器でのお試し有難うございました。m(_ _)m

如何に高価な高性能の機器でも”モアレ”現象は起こっています。
なので”もあれ”の効果があったとすれば、その変化は絶大でしょうね。\(^-^)/

現在はバージョンアップした「要石125」を販売中です。

コメントを残す