これまでは余計なものまで一緒に聞いていた(神奈川県 松べーさん)

要石25スピーカー用を取り付ける際に少し悩みました。
今まではショートピンで高音用の端子と低音用の端子をショートさせていましたが、そのピンの長さよりも要石25の端子(銅の単線?)は短いため、ショートピンの代わりにはなりません。
またショートピンと要石の端子の両方が通る程穴が大きくありません。

そこで要石の端子をスピーカーの低音用端子の穴の下側から斜めに差し込み、反対側の穴からのショートピンが要石の端子の上に覆い被さるようにして、その上からねじで押し込みました。
(わかりにくい表現で申し訳ありません。)

今回は女性ボーカルのCDを幾つか聞いてみました。
接続してすぐは、なんだか音が小さくなっていて、いわゆるトレーニング期間中の現象なのかと思いましたが、試しにボリュームを上げてみたところ、艶のある落ち着いた疲れのしないボーカルを聞くことが出来ました。

数日間続けて聞いてみての推論ですが、これまでは余計なものまで一緒に聞いていたのが、要石25を付けたことにより余計なものが無くなったということではないでしょうか。

余計なものが無いので、今までだったらうるさく感じて上げられないところまでボリュームを上げてもうるさく感じません。歌い手の息づかいが生々しくていい感じです。

今回は(も?)太っ腹のバージョンアップ企画、ありがとうございました。

 

 

One thought on “これまでは余計なものまで一緒に聞いていた(神奈川県 松べーさん)

コメントを残す