【要石25 機器用】気持ちや意味がびんびん伝わってくる

投稿者:haya@千葉さん

使用製品:要石25 機器用(販売終了)
*現在はバージョンアップした「要石125」を販売中です。


haya@千葉さんのオーディオシステム

プレーヤ:PC(cubox)とDDC(xmos基板)
AMP:DTC-9.8(onkyo)とEP2000(Behringer)
SP:kef201
ケーブル:超銀蛇デジタル(販売終了)芋蔓DQ


要石25バージョンアップサービスでオーディオ用に2個、
要石25にバージョンアップしました。
1個目のレポートです。

1個目は、AVプリの入力端子に接続しました。
最初は、トレーニング期間ですね。
接続直後は、ボリュームが下がったような印象でした。
1週間ほど経過後は、良くはなっているけどまだしっくりきていない感じでした。
その後は、あまり聞く気がしなくてさらに1週間放置。
接続後、2週間ぐらいたった後、聞きなおしてみるとすごかったです。
音がどうかわったかは、うまく言えませんが、
気持ちとか意味とかがびんびん伝わってくる様で、音楽を聴くのが楽しいです。
川越かどうかはわかりませんが、なにか一線を越えたように感じました。

印象的だったのは、Joni Michel/Don Juan’s Reckless Daughterです。
昔、好きだったアルバムですが、
CDで聞くとLPで聞いていた当時のようには、良いとは思えなかったのですよね。
CDというフォーマットのせいかとも思っていましたが、
要石25接続後、聞き直すと印象が変わりました。
CDにも情報が入っていたんだなあと。

1個接続して聞いた結果、
これから接続する2個目でどうなるか更に楽しみになってきました。


<Ge3スタッフコメント>

きさ@Ge3です。

システムの全景が無いとハッキリしたことは言えませんが、
126.8pzで”川越”していますよ。\(^-^)/
SPも入れた全景の写真をぜひ下さい。

NetAudioだと、更に驚くよ。\(^-^)/

コメントを残す