製品名に”超”が付くのを納得(兵庫県 YOSHIさん)

超銀蛇シールドのご感想です。


■製品名に”超”が付くのを納得(兵庫県 YOSHIさん)

【使用機器】

  • CDプレーヤー CEC TL51X
  • DAC レクストDAC-NS1M
  • アンプ パイオニアSC-LX87
  • スピーカー レクストSP-EP7

 

 

CDプレーヤーとDACの間、デジタルケーブルとして使用しました。

以前、初代銀蛇を使っていましたが、
銀線の威力にはまってしまい、純銀製のプラグやら銀入りハンダ等々・・・。
その反動で銀独特の癖が少し嫌になり、銅線に戻ってしまいました。

現在、ケーブル類は殆どローゼン・クランツになっていますが、
村井さんのレビュー見てビビンときました。
AVヴィレッジの頃から、村井さんの好みとは合いますし、
独自のいろんな手法を使って、ご自信の感じた事を表現し、伝えようとする姿勢がいいです。

本題ですが、繋ぎ替えてすぐ感じたのは、静けさ・・
エアコン作動状態でうるさいのに静けさを感じる・・何で?
威力が凄いせいか、うちの機器が馴染むのに1週間くらい掛かりました。
3万円のケーブル1本交換しただけで、何じゃこりゃ!まあ正直な感想です。

音が濃い、小さな音色も良く聴こえる、音楽の3D?
うちの小さなスピーカーからパワフルな低音が弾ける。

  

 

オーディオの音って生の音とは違い、輪郭のようなものを感じる(映像にも実物には存在しない輪郭を感じます)のですが、
その音の輪郭が消えた感じ、でも鮮明でくっきりというか、表現に困ります。
一般的な言葉で言うとクオリティーが格段にアップ?でしょうか。
実際は言葉にし難いニュアンスです、
鮮明でエネルギッシュだけれど肌触りの優しい音、
というのが私的な表現です。

とりあえず、製品名に”超”が付くのを納得しました。

 

 

One thought on “製品名に”超”が付くのを納得(兵庫県 YOSHIさん)

  1. ご納得頂けて何よりです。
    なかなか、この違いを判って頂けなくて作っていて落ち込んだりもしますが、
    20%だと納得しながら作っています。
    Ge3の世界を楽しんで下さい。m(_ _)m

コメントを残す