長年、探し求めていた音にようやく出会えた(ミッキーさん)

要石25機器用要石25SP用のお試しサービスご利用の感想です。


■ 長年、探し求めていた音にようやく出会えた(ミッキーさん)

 
 

これはまさに、画期的な製品だと思います。
一聴してすぐにその効果が実感できる。

いわば、今まではオーケストラを、映画のスクリーンで平面の画像を見、平板な音を聞いていたようなもの。

それが、要石25を接続すると、スクリーンは取り払われ、コンサートホールが出現し、演奏者一人一人がまさに、そこで演奏しているかのようである。
つまり輪郭がくっきりとし、立体的に見え、音も奏者の感情表現、ニュアンスまではっきりと聞こえる。

長年、探し求めていた音にようやく出会えた!(私のシステムにうまく合致したのでしょう)

これからは、毎日、ステレオを聞くのではなく、演奏家を拙宅に招いて生演奏を聞かせてもらうような気分だ。

 

レコード芸術に紹介記事が載っていたので、軽い気持ちでモニター申込みをしたが、
それがこんなに素晴らしい出会いとなるとは!夢にも思わなかった。
良い商品を作っていただいたことに、ただただ感謝です。

たとえば、表現は月並みですが、

1)石川さゆりの「天城越え」は、すくっとそこに彼女が立ち現われ、熱唱が刺さってくる。
 鼓や琴の音が生き生き飛び跳ねる。

2)マレの「聖ジュヌビエーブ教会の鐘」では、バイオリンの高音は済んで空に伸び、
 ガンバは、弓の動きが見えるかのよう。

3)マーラーの交響曲第6番はコントラバスの速い動きもくっきりと聞こえる。

4)バッハのブランデンブルク協奏曲は、奏者一人一人が愉悦に浸りながら演奏しているのが伝わってくる。

5)カーティス・フラーの「ファイブスポットアフターダーク」は、鳥肌が立つほど超リアル!のひとこと。

 

どれもこれも、スピーカーの存在は消えて、まさに今そこで演奏しているかのようである。
驚異。驚嘆。

しかし、この満足に至るまでには、悩みながら、およそ6週間かかった。

(最初のトライ)
要石25をプリアンプにつないだ。
音の変化の傾向は上記と同じだ
が、奏者が、一歩前に近づいてきたかのようで、圧迫感があり、また騒々しい。
高音もうるさい。短調の曲も元気いっぱいになる。
いままで聞きなじんだCDがまったく別物になったかのようで、聞き疲れする。
効果が過剰にでているきらいがある。

(二回目のトライ)
スピーカー用要石25をお借りしたが、これはほとんど差が無いくらいの小さな効果だった。

(三回目のトライ)
きささんとのメールでのやりとりでアドバイスをいただいた、CDプレーヤーにつないでみた(空端子がないので、あきらめていたが、三つ又コネクタを使えばよいと分かったので、このトライとなった)

ようやく、満足できる音がでてきた。うるさくもなく、聞きなれたCDのテイストのまま、上記の1~5の効果がでてきた。
音像がにじまず、焦点が定まり、その音の周りに空間を感じることができる。
これぞ、求めていた音!

以上が、簡単な報告です。
どこに接続するかで、こうも変化するのか。
参考になれば幸いです。そして重ねて御礼もうしあげます。


ミッキーさんのオーディオ・システム

CDプレイヤー マランツSA13S2

パワーアンプ 低音用:ラックスマンM7
高音用:ラックスマンM5

プリアンプ ラックスマンC5

スピーカー アメリカ インフィニティ カッパー8.2i


 

One thought on “長年、探し求めていた音にようやく出会えた(ミッキーさん)

  1. 要石25の効果を判って頂けて何よりです。
    要石シリーズはかれこれ8年くらいになるGe3のロングセラーです。
    1個から25個まで順調にバーンアップを重ねてきました。
    この効果が判る人が20%ほどとは何とも残念ですね。m(_ _)m

コメントを残す