ユーザレビュー

手元に無いと落ち着かない(北斗の男@さいたまさん)

エネルギー水のお札

以前掲載いただいた武兎+超結界Pのレビューで少し触れましたが、
エネルギー水のお札・超結界」として改めてレビュー報告です。

 

このお札は、超結界関係にエネルギー水を手軽に作れる機能を追加するものですが、
私は武兎のサポートに使用している超結界Pにポンしました。
超結界1にもポンは出来るのですが、やはりポンをすべきは超結界Pでしょう!(笑)

最初の頃の私のエネルギー水の取り方は、
会社に行く際に1リットルの水筒に水道水を入れ、その水筒の上でポン、です。
最初は1日1リットルくらいで、ただ、
上耳噺では2リットル飲んだ方が良いとの記述が有りますので、
飲み始めて2ヶ月後くらいからは毎日2リットル飲むように今でも心がけています。

本来はGe3さんお勧めのおいしい水を購入して飲んだ方が良いのかも知れませんが、
当宅での水道水はエネルギーが入ると違和感なく飲めるので、そのまま水道水にしています。

 

さて、エネルギー水を飲むことで何が変わるのか・・・?
これ、セミナーでも初めての方に説明するときの”難題”です(笑)

通常は。”寿司屋の高下駄”のお話がされます。
本人のエネルギー値は下駄の歯の高さのようなもので、
高い歯の下駄の人(エネルギー値が高い人)は、床が濡れていようが、
床に他の人が水をぶっかけようが、影響を受けない、という主旨ですね。

でもなかなか分かっていただくのは難しいのかな?との印象でした。
その原因はもしかして”エネルギー”という言葉かも知れません。

セミナーでちょっとお話させていただいたところ好評でしたので
最初の理解という意味では、このエネルギー値の高さとは
スピリチュアルな意味での「体力」「免疫力」と考えれば良いのかなと思っています。

ウイルス・細菌などへの抵抗力 → 「体力」「免疫力」。
これが高い人は風邪を引かない。これは納得ですよね。

厄などへの抵抗力 → 霊的な「体力」「免疫力」。
でも、霊的な風邪って何・・・?
例えば”厄年”ですよね(笑)

霊的な体力、これが低いから、”厄年”という風邪を引いてしまう。
「体力」が有れば大丈夫。”厄年”も無くなる。
エネルギー水はそれを高めることが出来るアイテム。

・・・という説明ではいかがでしょうか?(笑)
 

ちなみに私が感じた、状況別の変化は下記です。

1.エネルギー値が少ないとき(初心者)

1)武兎を叩く度に、数秒から十数秒後に体が若干重くなる感じになった。
  最近のBBSで武兎には浄化機能は無い、との結論となりましたので、
  この重さは自己浄化スタート時のエネルギー消費を感じていたのかも知れません。
  元々エネルギー(体力)が無い訳ですから、
  体内のマイナス情報(バイ菌)を倒すのは大変ですよね(^^;)

2)武兎が止まると、急に体が重くなる感じ。
  マイナス情報に即やられているのでしょうね(^^;)

3)縁起担ぎ?が有効。
  いつもこうした方が良い、と直感で知っている事はそうした方が良い気がしていました。

4)”上”にお伺いしようとしても、当然通じない(笑)
 

2.エネルギーが少し上がってきたとき(エネルギー水飲み始めて2ヶ月後くらい)

1)”上”にお伺いが出来るようになった!

2)体の軽さがいつも維持されるような感じになった。
  どんどん疳の虫パワーが働いているのでしょう。

3)武兎などが止まっても、ダメージとなるまで時間がかかるようになった。
 

3.現在(エネルギー値結構高め)(エネルギー水飲み始めて1年6ヶ月後くらい)

1)”上”へのお伺いを正しく出来る確率が上がった感じ。
  マイナス情報やオバケの影響での悪影響に何となく気付けるようになったかも。

2)結界が止まってしまっても、
  以前に比べてマイナス情報の影響を遙かに受けにくくなった印象。
  自分自身のエネルギー量の変化に敏感になったかも?

3)超結界関係の起動を叩かずに、エネルギー使用によって何度も行える。

こんな感じです。
 

エネルギーは高ければ高いほど良い印象です。
上耳噺にて(まさに既述のリンクですね)きささんが強くエネルギー水を
飲むことを勧めておられますが、本当に実行すべきものと断言出来ます!!
私は今は手元にエネルギー水が無いと、落ち着きません(笑)

皆さんも、エネルギー水のお札を活用して、
エネルギーを一緒に高めて行きましょう!!\(^o^)/

 

◆きさコメント

きさ@Ge3です。

この話は、説明をすればする程、ややこしいところへ入っていってしまう話です。
一見、理解しやすい様に見えても、それは各自の思い込みの世界に繋がってしまいます。
Ge3用語は広い意味が含まれている場合が多いので、翻訳は難しいです。