【鼓筆LAN】ボーカルの肉付き感やリアル感が出る

鼓筆LAN

BBSにご投稿いただいた先行レビューを転載します。

投稿者:TAKE@ふじさわさん

お使いいただいた製品:鼓筆LAN(販売終了)


TAKE@ふじさわさん:

初期状態でSTR-DN2030の4つのLANポートの使用状況は以下のようでした。
ポート1 無線LANルーター(AirMac Express)
ポート2 LANケーブルのみ、ポートはON
ポート3 NAS
ポート4 PC(iMac)

というわけでターゲットはポート2です。
はじめにLANケーブルを外してポートのON,OFFを確認してみました。

しまった、差がわからねぇ。
強いて言えばポートOFFにした方が響きが多いかも。
不安を抱きつつ視聴に入りました。

うん、これはわかる。
ボーカルなんかがぐっと肉付きが良くなります。
Sound Fieldの設定を2ch StereoとA.F.D Autoを切り替えて聞きましたが、
鼓筆LAN前は2ch Stereo 透明感があるがやや細身、
A.F.D Auto 雑味があるが厚みがある
鼓筆LAN後は2ch Stereo 透明感そのままでボーカルの肉付き感やリアル感がでてきた、
A.F.D Auto 雑味が減って厚みも増す
といった具合です。
この組み合わせならば2ch Stereoが好みです。

次に鼓筆LANを装着したままポートのON/OFFを実験してみました。
やっぱり良く分からない。
ポートONの方がストレートに伝わって来るような気がします。

しかし、なんでポートOFFの時も鼓筆LANが効くんでしょうね?

BDレコーダーやBDプレーヤーへの効果はまた後ほど。


きさ@Ge3:

>しかし、なんでポートOFFの時も鼓筆LANが効くんでしょうね?

そもそもLANの空き端子が振動しているのですw。
電気的な〇〇は回路を遮断すれば、入ってくるのが少なくなるでしょうけど、振動は防げませんね。
* 本当は、そんなに簡単には防げないのですけどね。〇〇はしつこいからねぇ〜


TAKE@ふじさわさん:

>そもそもLANの空き端子が振動しているのですw。

なるほどです。鼓筆LANは機械的にも有効なのですね(^^
電気的なことだけ考えていました。思い込みでした。おおきに。
 

BDレコーダーのLANポートに使いました。
BDレコーダーはパナソニックのDMR-BW930というちょっと古いものです。

視聴に使ったのはWOWWOWで放送したBABY METALのライブです。
(こんなソースですみません(^^;;;)

WOWWOWは結構音楽ライブを放送してくれるんですけど割と残念な感じで。
先日の日曜日に観た時にもまあ音声はAACだししょうがない。
ブルーレイが出たら買いましょうと思っていました。

さて比較のため冒頭の曲を1曲聴いてから鼓筆LANを装着。
あれ、音がくっきりしてる?と思いつつ視聴していると、
なんだかノリが良くてすごく楽しい!!楽しくなってくる!!
結局、そのまま最後まで見てしまいました。

絵の方は表情が良く分かるような気もしましたが、音のおかげだとは思います。
画像はまた別のソースで確認したいと思います。