ユーザレビュー

楽器の位置が見えるようにわかる(merou@神奈川さん)

力蛇(パワージャ) あかん SORA キット

市野式テーブルタップをつないで早数ヶ月、その音には本当に満足していました。
しばらくこのままで良いなあ、と思っていたところに
SORA化をお願いしていた芋蔓DQと共に何やらケーブルが。。。

同封されていたのは力蛇SORA
オレンジタグが付いたあかんバージョンではないですか?!

実物を見て初めてわかりましたがこの電源プラグは本当に高級感あります。
写真よりもとても綺麗で、他社のハイエンドケーブルと並べても遜色ない造りです。
しかもそれらより細くて柔らかくて実に接続しやすい、
ケーブルにも機器にもストレスがかからないのは好印象です。

比較対象はそれまで市野式タップにつなげていた
GF社のPION ZF3というちょっと変わったケーブル。
今までテストした中では一番ノイズ感が少なく
バランスが取れていたのでタップに使っていました。

つなげて最初に出てきた音は、空間の広がり、
特に高さ方向がかなり感じられてスピーカーを越えて天井まで届くような表現。
音の強さもそれなりに感じるが前にはあまり出てこずどこか散漫とした印象。
まあいつものトレーニング期間ということで
忙しいのもあってちょっと聴きしておしまい。

三日後、少しずつまとまってきて音場も前にも広がってきたけれど
何かどこか定位とかがおかしい感じ。
低域も大分戻ってはきたので後数日はかかると踏んで一通りテスト曲を聴いて終了。

ようやく一週間後に落ち着いて聴ける時間が取れて
向き合って聴いてみたところ、やっぱり音の定位が今までと違うのです。
オーディオの表現で良く「口の大きさが実物大で小さくまとまっている」
なんて言う事がありまして、確かに位相がキッチリ揃って
情報量が多いシステムでそう感じられる音を聴いた事はあります。

ところが今回出てきた音はそんなレベルではなく
「歌い手の背の高さから喉、胴まで感じられる」のです、
正直オーディオでここまでの音は聴いた事がありませんでした。
体験した事がなかった音なので脳がとまどって違和感を感じていたようです(笑)
そこそこ色々な比較試聴はさせて頂いていましたが、
ケーブル一本でここまでの変化は本当に初めてです。

もちろんボーカルだけでなくオーケストラでも
手前から奥まで楽器の位置が見えるようにわかる分解能、
そして楽器から音が出て届く直接音とホールの響きが混ざる
ハーモニーまで楽しめる情報量が両立されています。

特にどこかの帯域を強調するような感覚はないので
音楽ジャンルは選ばないと思いますが
強いて言えば低域の充実感が一番でしょうか。
大好きなドラマーの一人、スティーブ・ガッドの
軽いのにビシッと飛んでくるようなスネアが
本当に気持ち良く浸透して背中まで抜けていきます。
低域の支えを土台に音楽の充実感が増すので
深夜の小音量でも楽しめるのもありがたいポイント。

「力蛇」という名の通りのエネルギーに
あかんケーブルの音像再生能力が加わった傑作、
是非聴いてみて「参った、これはあかんわ」とつぶやいてみて下さい(笑)

追記
映像には全くコストをかけていないのですが、
普通のBDレコーダーと27インチディスプレイでも
ライブの奥行き感の向上が半端ではないです。
これはプロジェクターなどを使われている人には是非お勧めです。