転売で儲ける人のプラスとマイナス その2

 

”上”的には、こういった商売で得た利益はエネルギー的にカナリのマイナスみたいです。
それも高下駄の大きさには関係なく、元のエネルギーからマイナス16%ですと。
このマイナス値は事例ごとに違うみたいで、ややこしいので表にしてみました。

    0% 通常の商売での利益
-16.8% 商売での利益(不当)
– 0.8% 株での利益
-16.4% 株での利益(不当)
-19.0% 仮想通貨での利益
-59.1% 仮想通貨での利益(不当)
– 1.8% 不動産での利益
-64.6% 不動産での利益(不当)
– 0.8% 特許権での利益
-21.9% 特許権での利益(不当)
    0% 著作権での利益
-13.3% 著作権を侵害しての利益(不当)

前から言ってきた事だが、自分の所有物では無いものを売るのはマイナスだ。
正当な商いであっても仮想通貨での利益は心配な程だ。

裁判所の競売物件の不動産を調べてみると−18.3%との事。
しかも買った値段の−18.3%では無く、元値基準だ。
安いからと考えて、迂闊に手を出すべきでは無い。
コレらの値は1件あたりの数値なので、回数が多い人は更に不安だ。