音に含まれる情報とその再生 その2

しばらく、McIntosh XR290のシステムで聴いていたが、
SPユニットの反応の遅さが気になりだした。
ユニット自身の性能が悪いのだと思う。
沢山のユニットが必要な方式だから、
コスト的に厳しいのは仕方が無いかもしれない。

オリンピック・レベルのアスリートを基本だと考えているので、
まぁ、無理難題な訳ですw

そんな中「DIATONE DS-9z」 が凄そうな事を見つけた。
これを4台揃えて4chで映画と音楽を楽しんでいた。

その頃「センターSPは不要」って事だった。
サウンドデザイン云々って話もあるが、そんなの関係ない訳です。
そもそもステレオは2chから始まった訳で・・・
前に3chあったらオカシイっしょ!?ってな話です。
事実、2chだけでも十分なってる訳だし、
上下の移動などもOKですw

アトモスに従ってると予算も空間的にも、
小さなSPでしか実現は無理だと思うので・・・
チープにならざるを得ない訳です。

ドルビーのアトモスやNHK技研の22.2マルチチャンネルなどは、
どうも納得出来ませんね。
特に家庭用では無用な気がするのですw とか・・・

DIATONE DS-9z を使う事で、
基本性の向上は目覚ましいものがあった。
性能追求は一定の効果が得られたと思っている。

誤解されないように、
クルマでの例え話で説明をしておくと・・・

現状はスピードの追求だけを考える段階です。
品位や乗り心地などは考えていません。
とにかく300km/hを安全に出す事だけを考えています。
そのスピードでないと到達すら出来ない世界があると思っています。
到達できなければ元も子もない訳ですw
この段階での品位などの話は、あさっての話だと思っています。

このシステムにサブウーファーを足していた。
McIntosh XR290 のウーファー部をサブウファーとして利用していたのだが、
これを駆動するAMPはCEC AMP3300 で十分だった。
このAMPはCEC独自の純A級アンプで効率の良さが売りだった。
低域の駆動力ということは意識すらしていなかったので、
パワーの大きなBEHRINGER EP1500 は、使うまでも無い。
と、考えていた。

この頃の音の総合Ge3値は126.9p であった。
これはこれで満足出来る音だった。

より高音質を目指すには、
更に高性能なSPユニットが必要だと思ったが、
そんなユニットは何処にも無かった。


では作るしか無い。

気張って考えてはみたものの、そんなの出来る訳が無い。( ;  ; )
Ge3お得意の仮想的方式で進める事にした。

トーンゾイレ方式で挑戦する訳だ。

McIntosh XR290 さんもトーンゾイレ方式なのだが、
配置がゲゲゲ的じゃ無いのですね。 (爆)


で、出来たのが、このスピーカーだ。

 Ge3 12連スピーカーです。 127.8p

反応の早い小型ユニットを12個並べたトーンゾイレ方式だ
Ge3的には最小限の感覚で並べるのが特徴だ。
そして基本構造は逆ホーン式を採用した。
後面解放形のSP特有の鳴り方だ。
後ろに音像が定位して広がる、面白い鳴り方をする。
狭い部屋だと後ろの空間が難しいかも知れないが、
置くことが出来れば面白いと思う。

28cmフルレンジ1発のユニットが出現して、
聞こえる様な感じだ。
音のキレ、音像の立ち上がりなどは最高だ。
ボーカルは中央にスッと立ち、SPは完全に消える。

歌ってる人の姿が見えるのも、もう直ぐてな感じの鳴り方をするのだ。

箱の形式の基本は逆ホーンなので、軽く、圧迫感が少ない音だ
聞こえ方が特徴的で、部屋のどこで聴いてもあまり変わらない。
正面で聞いても、廊下の向こうで聞いても変わらない。
楽器に近い鳴り方とも言えるかも知れない。
上は25kHz以上は出ているが、
下は50Hzくらいで激しく減衰している。
密閉式の様なダラ下がりでは無いので、
低音が好きな人には物足りないかも知れない。
僕には少し足りない気がする。

と云う訳で、下はサブウーファーに任せる事にした。
これが「波動波?」の存在に気付くキッカケになった。

音に含まれる情報とその再生 その3に続く >>>