音に含まれる情報とその再生 その4

低域再生能力が高い機器を調べ直した。

低域の再生能力に関しては、従来とは違う観点で調べ直す必要がある様だ。
我が家のAMPを片っ端から調べてみたが、全滅だった。

僕が集めて来たAMP達は、低域再生能力に関しては、全て無駄だった。
良くて、せいぜい80p止の再生能力なので、
どのAMPを使っても McIntosh XR290 を鳴らす事は出来ない訳だ。

そもそも出力の大きさは低音の再生能力には関係無い事は判っていた。
トランスの大きさも関係無く、コンデンサーの大きさでも無い、
回路でも、メーカーとも違うようだ。

何が、低音再生能力の理由なのだろう?


判らないので、低域再生能力のGe3値が高いモノを、集中して調べてみた。
そして、このドイツ製のAMPを見つけた。

thomann S-75mk2 

このメーカのAMPは総じて低域再生能力のGe3値が高いみたいだ。
中でも、この S-75mk2 は特に高く 96.7p  もある。
市販のAMPでは特例と言える高さだ。

販売店 ProCable

 


ADAM AUDIO SUB10 MarkII

スタジオ用のパワードのサブウーファーだが、
低域再生能力のGe3値が高い。 
122.8pもあるのだw

このメーカーのSPも総じてGe3値が高い製品が多く、
サブウーファー意外にも素晴らしい製品だ。
Ge3で言うところの面波動に優れている様に思える。

* サービスエリアGe3値とは、対応する部屋の大きさで、
下記の様な違いがある。

120p 18畳
123p 38畳
125p 56畳

販売店のサウンドハウス


ちなみに、McIntosh XR290-01 + 市野式IC AMP で鳴らした時のGe3値調べてみた。
低域再生能力のGe3値は、119.5p だ。
まぁまぁと言うレベルではある。

このレベルの再生が出来ると、猫は逃げ出すと思うよ。

低域再生能力のGe3値は、119.5pなんですと。
ADAM AUDIO SUB10 MarkIIの凄さが分かるね。

ここで言っている、低域再生能力のGe3値という特性は、
これまでの周波数特性などでは示せなかった特性なのだと思う。
つまり、我わがまだ知らない情報が、音に含まれている可能性があると言うことだ。

昔、周波数特性を平らにしたがるメーカーの人と話した事がある。
ガタガタの波形でも妙にリアルがSPがあるけど・・・
あまり意味があるようには思えないが、どうなの? って話だった。
やっと、その議論出来るような気がする。
なかなか良いぞ!

音に含まれる情報とその再生 その5に続く>>>