ユーザレビュー

過去最高に速く快適な状態(Kata@長野さん)

あかんケーブルが少し余っていたので、
車のバッテリーに付けてある「要石25」のケーブルを改造しようと企んでおりましたが、
きささんから「あかんの耐熱性は低いので危ないよ」とストップがかかってしまいました(泣)

しょーがないので、捨てずに取っておいた「あかんケーブル」の芯線を
「要石25」を接続するバッテリーの端子に巻いてみました。

これをナットでギュ〜っと締めてひとまず処置は完了です。

その後、いつものダム湖横のワインディングをひとっ走りしてきました。
エンジンがトルクフルで、
ギアがノーマルモードでもスポーツモードのように伸びやかに吹けあがりますw。

それよりも、乗り心地と静粛性がグンと良くなりましたw。
足回りが2トンダンプ並みに硬かったV40ですが、もはや普通の車より乗り心地が良いですw。
(ロール剛性は高いままですので、ワインディングでは俊敏にしなやかに駆け抜けてくれます^^)

きささんに「これアカンの芯線が効いたせいなのでしょうか?」とお尋ねすると、
「そうみたいですよ」とのことでした(≧▽≦)

 

—翌日—

あかんケーブルと「もあれプラチナPlus」は相性が良いみたいですが、
あかんケーブルのみの状態での効果を確認したかったので、昨日は塗布していませんでした。

あかんケーブルの効果も確認出来たので、
本日あかんケーブルを巻いた端子に「もあれプラチナPlus」を塗布してみました。

さてと、もう一度試走に行ってこよう・・・あれ?

ケーブルを「要石25」に接続していないままだった〜( ̄◇ ̄; )
昨日はこの状態で走っていた訳ですね・・・。
ちゃんと接続し直して、昨日とは違うコース(少しゆっくり目に走るコースです)へ行ってきました。

「もあれプラチナPlus」をバッテリー端子に塗ると車体がシャキっとします。
この車(V40)は、もともと足や車体がかなり固いので、
この処置を行うと突き上げがきつくなりすぎて、ちょっと躊躇する処置なのですが、
今回は「車体はシャキっとしたけれど、足周りはしなやかさを保っていて突き上げ感が無い」
という、ありがたい結果となりましたw。

エンジンも静かに回っているのですが実にトルクフル。
アクセルに足を乗せているだけで勝手に走っていきます。
加速時もモーターのようになめらかに車速が伸びますw。

もう一つ変化が。
カーオーディオの音質が良くなりましたw。
音数がだいぶ増えていて、初めて聴こえる音が相当ありますw。

それにしても、これほどの効果をもたらす「あかんケーブル」っていったい何者なんでしょう?

「まるで異次元空間からエネルギーを集めているみたいですが?」
と、きささんに尋ねてみたところ、
「そうではなくて、「気」が通りやすいみたいです」とのことでしたw。

なるほど「気」が通りやすいのか〜。
でも「気」というものの理解自体も、いまひとつ曖昧なままです。
自然エネルギーの一種で、生体エネルギーとも呼べるものだったような???

今回の現象の場合、バッテリーの中にあった「気」が
「あかんケーブル」によって通りやすくなった?
それともクルマに設置してあるGe3アイテムに作用しているという
私の生体エネルギー(気)が、より作用しやすくなった??
それと、「気」が作用すると、なぜ車やオーディオの調子が良くなるのだろう・・・。

ああ、今晩も眠れそうにありません😂

 

—4日後—

あかんチューン後は、日々の通勤が峠道コースになってしまいましたw。

まだスタッドレスタイヤを履いているのに、
今までで一番コーナーリングがスムーズで速い!!(@_@; )
低回転からでもアクセルのツキが良く、
登り坂のコーナーを加速しながら旋回していくのは官能的ですらありますw。
それだけでなく、乗り心地の良さや静かさ、そしてカーオーディオの音質も過去最高ですw。

もしも、あかんケーブルが追加生産可能なら、
クルマのチューンアイテムとして一世風靡出来るんじゃないでしょうか?w。

週末はキャンプ場の偵察を兼ねて、木曽へ走りに行ってきますw。

 

—さらに3日後—

「あかんチューン」の効果を体感すべく、
キャンプ場の偵察を兼ねて早春の御嶽山をヒルクライムしてきましたw。

実に気持ち良かったですw。
ギアがノーマルモードのままでも、坂道を軽々と登っていきます。

ノーマルモードはコーナーからの立ち上がりのときに、
加速感がのびやかで気持ちが良いのですが、
(スポーツモードだと忙しなさすぎるのデス)
勾配の急な上り坂になると車速の伸びが悪く、
ついアクセルを踏みこんでギアダウンさせてしまい、ギクシャクした走りになりがちでした。

ところが「あかんチューン」後は、全くギアダウンしませんw。
かなりの登り坂でも車速が気持ちよく伸びていきます。
それも、過去最高の乗り心地と静粛性と回頭性でw。

あかんケーブルによってエンジンの低速トルクが増える現象は、
オーディオのチューンに用いた場合に低音の量感が増えることと似ていますね。
それだけでなく、乗り心地と静粛性、そして回頭性も向上することから、
あかんケーブルはゴムの物性にも大きく作用していると思われます。

古いレビューの記事を読んでいたら、こんな情報がありました。

>タイヤって路面追従で変形すると静電気が発生して、
>瞬間金縛り状態になって動きが遅れていたんだ。

「あかんケーブル」と「もあれプラチナPlus」の合わせ技で
この現象が大幅に改善されているのかもデス?w。

ともあれ、あかんチューンで過去最高に速く快適な状態です。(音質も良いですw)
新車時に初期チューンした頃とは、もはや別のクルマのようです。