どんな時もぶっといトルクが(福岡県 riverfieldさん)

もあれプラチナを車に塗布しました。
車種はシトロエン エグザンティア V6エクスクルーシブです。

施工前の車の状態は下記です。
・端子類にもあれを塗布
・ストラットタワーに茅蜩鼓粒

 

           
 

もあれプラチナを塗布した場所はバッテリーターミナル、要石25のコネクター、すべてのヒューズ、コンピータボックス内の接点です。
端子類にはすでにもあれを塗っており、疲れを知らないようにパワーが湧いてくることに驚かされました。
その状態での塗布です。
もあれプラチナを塗布したら全然違う車になりました。
もあれだと必要な時にパワーが出ます。
それはそれで悪くはないのですが、プラチナだと、どんな時もぶっといトルクがあるそんな車になりました。
下手な例えですが、疲れを知らないパワーを松崎しげるの歌だとすると、今の状態はパイプオルガンです。
回転数に関係なく低速でも高速でもぶっといトルク感があります。
加速は意のままです。
ただ、タイヤとサスがトルクに負けているように感じます。
また、エンジンがかかりにくい時がありますが、私の勘としてはダイナモに無理が掛かっているのか、排気系の容量不足のかもしれないと思います。
少し車のバランスが崩れている感じです。
運転手含め、車のトレーニングが必要なのかもしれません。
いままで、試してきた車のチューニンググッズは数え切れません。
CDI、燃料ホースの磁石、ガソリン添加材、オイル添加剤、JVCSマフラーなどなど。
要石25ともあれプラチナのコンビはそれほど高くなくて、確実に絶大な効果のある製品としておすすめできると思います。
 
<Ge3スタッフコメントbyきさ>
きさ@Ge3です。
変わるでしょう。
作った本人が驚いているくらい変わりますよね。(爆)
不思議だけど”気”が通っただけなんですけどね。
今まで何をやっていたのでしょうね。