市野式電源のReviw bhutanさん

■  市野式電源のReviw  bhutanさん

無理言って、市野さんに作って頂きました。

写真はHS-210と並べています。
裏面の写真は接続の状態。
電源ケーブルはGe3「龍隆」、銀蛇Lanケーブル、要石25用USBケーブル(これもすごく効いています。)が接続されています。

トルネード5使用のラックの中に設置しています。

サイズはW15cm×H12cm×D20cmでかなり重いです.
ハードディスク2個用の仕様です。
TDKスイッチング電源へ変えた時も随分良くなったのですが、これは別格です。
別物の音になりました。^^
HS-210というNAS用電源なので、電源ランプも電源スイッチも無く、シンプルで潔い良いです。

正直、音質については、言葉にするのがアホらしい気もします。(^^;
それほど良かったのです。

そこで第一印象の興奮状態のメモを記載します。(汗)

「一聴、音の佇まいが違う。全然違う!
滑らかで音が厚く、熱い。音が濃く太い。
音場も濃く厚い。比較すると今までの音は薄ペッラに感じてしまう。
訴求力が桁違い。今までの音はもやしの様にか細く感じられる。(綺麗な絵のようなのですが。)
音楽の抑揚が豊か。今までの音は感覚で聴いていたのが、この電源の音は心に届く感じがする。
指揮者を含む演奏者の熱気が良く分かる。
古い録音がとても良い。何の不満も無い。」

この電源作って頂いて本当に有難いです。m(_ _)m

 

コメントを残す