【市野式電源】音楽が聞こえるようになる閾値を超えられた

投稿者:HH@東京さん
お使いいただいた製品:市野式電源


スフォルツァートという新興メーカーの音に惹かれて
PCオーディオからネットオーディオに移行して
から、
NASの交換(IO­Data(型番失念)→QNAP(TS112)→QNAP(HS210))、
NAS電源の交換(付
属ACアダプター→コーセル製アナログ→TDKラムダ)の度に
大きな驚きと喜びを体験してきました。

しかしNAS電源を倶楽部員であるTDKラムダから市野式に替えたときの驚き、
音質向上は今までの全
ての驚きを凌駕するものでした。
演奏者の意図が明確に伝わって来るので、
イマイチかなと思っていた演奏が実は素晴らしい演奏だっ
た、と気づかされることも多々ありました。

一例を挙げるなら、リリー・クラウスの弾くモーツァルトのピアノソナタ全集(1954年録音)は
非常に魅力的な演奏&録音ではありますが、曲によっては
所々に急激なテンポの変化があり、
その恣意的なテンポ操作がやや気になっていました。
ところが市
野式電源で聴くと、恣意的に(あるいは気まぐれにすら)聞こえたテンポの変化が、
実は音楽の流れ
から必然的に生み出されたものだということがわかります。
音響ではなく音楽が聞こえるようになる
閾値を市野式電源のおかげで超えられたように思います。

音のエネルギーバランスは中高音がやや張り出しているように感じます。
市野さんを紹介してくだ
さったオーディオの師にして人生の師でもある
Iさんが出す音のバランスに似ています。
NASの電源が
これほど全体の音を支配するということもまた大きな驚きでした。

市野さんが懸念されていた発熱もほとんどなく、夏場の常時通電も全く問題ないようです。

コメントを残す