高音や低音がどうのこうとか、考える必要が全くない(神奈川県 松べー)

もあれプラチナは1ヶ月毎に塗り直す必要があるとのことで、接点数が多いオーディオ機器への使用を躊躇していました。
今回もあれプラチナPreが発売になったのでオーディオ機器に試しました。
使用前と使用後の比較をしっかりしようと身構えていましたが、音を出したとたんに肩の力が一気に抜け、純粋に音楽を楽しめました。
高音や低音がどうのこうとか、そういったことを考える必要が全くないのです。
あえて分析するなら、途中で邪魔するものが無くなり、歌手や演奏者のパワーがダイレクトに自分に届いているためか、ボリュームは同じなのに数倍のパワーを感じます。
この効果がずっと続くのはありがたいですね。
  
<Ge3スタッフコメントbyきさ>
きさ@Ge3です。
システム全体のチューニングが上手く進んでいる証拠ですね。
”気”が通る準備が出来ていた訳です。
それで、もあれプラチナPlus(もあれプラチナ+もあれプラチナPre)で一気に出たのでしょう。
最高でしょ! \(^-^)/