初めて満ち足りた高音域が聴けるように(appale@愛知さん)

使用機器
AMP デノン:PM2000Ⅳ
CDP マランツ:CD6004+NS441D(レクスト社チューニング製品)
SP ローゼンクランツ:Magic1
SPケーブル ローゼンクランツ
ピンケーブル レクスト:ラインケーブルZ-LNC01 RCA 1.0mペア
電源ケーブル AMP・CDP→どちらもローゼンクランツ
インシュレーター AMP→ローゼンクランツ
CDP→レクスト:レゾナンス・ピット・プレーヤー

 

年末にお送りいただいた大地6お試しですが、
まずは礎を先にセットしたので、その感想をお知らせします。

まず、見た目の印象はずんぐりむっくりな感じで、思っていたよりも大きかったです。
取説に「低音がなくなるかも」といったことが書かれていて、
実際に設置直後は「あー、低音が消えた。スカスカだー(^^;)」となりました。
ですが、少し時間を置いて半日後くらいから徐々に低音が戻ってくると、
高音域のきれいさがはっきりと分かるようになりました!
日が経つにつれ、徐々にリアルな感じになってきました(^^)/
これまで、高音域はこんなものなのかなとずっと思っていましたが、
初めて満ち足りた高音域が聴けるようになりました。
AMP・CDPどちらにも礎を設置し、足下が同じになったことで、
文字どおり足並みがそろったかのような雰囲気です。
低音は部屋全体にダイナミックに響いていたのが若干減りましたが、
高音域がきれいに流れるようになったことの方が心地いいので問題なしです!
やっぱり足下は大事。

数日だけの感想をまとめると、礎は、費用対効果が高い商品ですね。

写真を2点添付します。
1点(左)は礎を設置したAMP・CDPです。
もう1点(右)は、SPの下に設置した大地です。
念のための確認ですが、大地の接地面はこれで正しいですか?
(もしかして逆?)

 

<Ge3スタッフコメントbyきさ>
はい、逆です。
金属面に乗せて下さい。
シールを剥がして下さい。
ついでに・・・
”大地6”の”上”に立ってみてください。
何か重力が違う感じがしませんか?
エレベータにでも乗っているような重くなったり、軽くなったりで、この感覚は人によって違います。
また、背筋が伸びませんか? (笑) 

大地の接地面のお知らせ、ありがとうございます。
やっぱり、逆だったのですね。
社名ステッカーが貼ってあったのでこちらが表面なのかなと思っていました(^_^;)
(赤色好きの僕には、この方が見栄えもよさそうな気もしたので)

それで、金属面の養生のシールを剥がし、大地の上に乗ってみました。
踵に重心がかかり、ぼんやりと後ろ寄りなポジションになったという感じはしましたが、
重力の違和感?や姿勢がよくなるとかは、ほとんど感じられませんでした。
ただ、何度か乗り降りしていたら、ちょっとだけ腰の痛みが和らぎました。
この不思議体験を楽しみにしていたのに、あまりわからず残念です。
僕が鈍いのか、酒を飲んだ後だから駄目なのか…

返却の際には、もう一度乗ってみようと思います。
音の感想は、昨晩は寝オチしてしまったので改めてご報告いたします。
よろしくお願いいたします。

<Ge3スタッフコメントbyきさ>
うむ・・・
お酒を飲むと、この手の感度が20%程度になってしまうみたいですね。
どおりで「メグ」でのイベントの時、判る人が少なかった訳ですね。(泣)

コメントを残す