演奏空間の緊張感が伝わって来るケーブルです(埼玉県 DIA_1stさん)

超銀蛇デジタルケーブルの使用報告です。
まずどの機器を接続するのに使用したかを説明します。
ミュージックサーバのOJISPECIAL DPAT7-64とディジタルアンプのOJISPECIAL DIA-7を接続するディジタルケーブルに使用しました。
従来のケーブルは新八幡をAMANOチューンしたケーブルにAVT処理をしたものでした。
これは、昨年亡くなった某AV評論家の有料サイトで少量販売していた特別なケーブルです。
このケーブルは少し暖色系の音がしましたが、解像度も非常に高く、良いケーブルでした。
この為、ディジタルケーブルに不満はなかったのですが、
キサさんの作成したケーブルに興味があったので今回応募しました。
 
さて、つなぎ変えて最初に「エッ」となりました。
私は最近のキサさん共通の音である暖色系の、超結界機器用と同じ音色がする事を想定していたのですが見事に無色なのです。
最近のGe3製品共通のイタリアンテイストはまったくありませんでした。
むしろほんのり北欧系の感じがします。
日本人が無色をイメージしている場合、アキュフェーズやヤマハの様な音になると思いますが、あのような少しキツイ、日本の神社をイメージしたくなる音とは異なり、北欧の冷たい海をイメージしたくなる音だと思います。
特有の色を持たないケーブルだと思います。
 
しかし、音の数が増えるような変化はありませんでした。
ここで言っている音の数とは、例えばコーラスの人数がわかるとか、
タンバリンのジャラジャラの鈴の数がわかるとか言うことですが、
この点は私が使用していたケーブルと変わる所はありませんでした。
 
これは1週間使用してもあまり変わりませんでした。
このケーブルの特徴は音楽の「間」の表現が豊かになる点にあると思います。
音がした瞬間よりも余韻やステージの奥行が少し広がる所に特徴があると思います。
 
後、年末は毎年恒例のケーブル掃除を実施しました。
レイカの製品であるドクターケーブルを使用してクリーニングしました。
シモン石鹸の方がクリーニング能力は上かもしれませんが、
ドクターケーブルがまだ残っているので許して下さい。
メインシステムはディジタルケーブルとSPケーブルのみなので、
SPケーブルの芋蔓DQと超銀蛇を綺麗にして接点復活剤を塗布して試聴しました。
やはり綺麗にすると格段に音が良くなります。
演奏空間の緊張感が伝わってきます。
超銀蛇は音の滑らかさや立体感が格段に良いことがわかりました。