ユーザレビュー

3D感が激変し音に包まれる(Kata@長野さん)

超結界機器用

BBSにご投稿いただいたレビューを転載します。

Kata@長野さん(以下、Kさん) きさ@Ge3

Kさん:V40のオーディオにはiPodを接続するモードがありますが、
    これまで使ったことがありませんでした。

    昨年末の西宮詣での際、CDが聴き飽きたので
    古いiPodをコンソールボックスの中のUSB端子に接続して
    鳴らしてみたところ、なんとCDよりも音質が良い (@_@;) 
    3D感が半端ないっす!。音の鮮度や粒立ちも非常に良いw。
    iPodの音楽データのビットレートは256kbps。
    CDの五分の一以下なんですが・・・

    理由をきささんに訊いたところ
    「振動する音源(CD)より、振動しない音源(iPod)の方が
     音質が良いみたい」ということでした。

    256kbpsでも、この音質ならば充分OKですw。
    さっそくiPod touchを入手し、Apple Musicで見つけたお気に入りの曲を
    iPod touchにダウンロードして、V40で鳴らしてみました。

    (これがやりたかった〜w。
     月々980円でお気に入りの曲をiPodにダウンロードし放題w。
     さらに、それを車のオーディオシステムで聴けるw。
     家にWi-Fi環境さえあれば、タダみたいなもんですw)

    

    iPodはコンソールボックスの中に入れっぱなし。
    操作はステアリングにあるスイッチでできます。

    ここまでは良かったのですが、
    iPod touchは音が鈍く3D感や音のキレがありません。
    期待していただけに、なんともがっかりな結果でした ( ;∀;)

    この理由もきささんにお尋ねしたところ
    「iPod touchはCPUに余分な仕事をさせているので音質が悪く、
     古いiPodは曲を鳴らすだけでCPUの負荷が少ないので音質が良い」
    とのことでした。

    理由は分かりましたが、古いiPodには
    Apple Musicの曲はダウンロードできません。( ;∀;)

    ライトニングケーブルを15cmの短いタイプにしたり、
    「もあれプラチナPLUS」を端子に塗ってみたりしましたが、
    あまり音質は改善しませんでした。

    何か方法はないかな〜?と考えていた際、
    Ge3のサイトにiPodをチューンした時の記事があったことを思い出し、
    探し出して読んでみると、
    Qシート
超結界機器用テレ・サテンが効きそうですw。

    最初に「超結界機器用」をマジックバンドで固定してV40にセットしてみました。
    はたして・・・

    

    「キターー!!w」(表現が古いなあw)

    3D感が激変ですw。音に包まれる〜w。ピアノの余韻が伸びる伸びるw。
    アタック感も気持ちいい〜w。
    なんと、一気に古いiPodに勝るとも劣らない音質になってくれました。

    ここまで音質が激変するのも珍しいですw。
    「超結界機器用」大したもんですw。

    *テレ・サテン座布団の効果は現在検証中ですw。
     これ劇薬で加減が難しいデス・・・

 

きさ:覚えていますかね。

   

   以前「WALKMAN」を持ち歩いていた頃、
   入れていた袋が「テレ・サテン」で作った袋でしたよ。
   もちろん、りこちゃん謹製ですw。

   「WALKMAN」に「超結界機器用」そして「テレ・サテン袋」で大満足でした。
 

Kさん:>覚えていますかね。
    その頃、まだ私はGe3に彷徨い込んでいなかったのではないかと・・・w

    テレ・サテンの話題になりましたので、お伺いしたことがあるのですが、

    過去記事に「テレ・サテン」の「青色の面」と「黒色の面」で
    機器に対する効果の差があるという表記があったのですが、
    どのように異なるのでしょうか?

    「テレ・サテン」を折りたたんで何重にもしたところにiPodを差し込むと、
    過剰すぎるのか「音が大人しくなってしまう」のですが、
    やはりやりすぎなのでしょうか?

    
 

きさ:つまり「テレ・サテン」を半分に折る→2重
   それを更に半分に折る→4重 って話ですよね。
   うん、それは効きすぎだと思います。
   ”上”からのモノもすべて遮断してしまいます。

 

Kさん:頑張って「テレ・サテン袋」作りますw。