ユーザレビュー

優しくてリアルに自然な音像(Riverfield@熊本さん)

櫓

Riverfield@熊本さんのAudio情報

市野式テーブルタップ、市野式HUB、市野式ネットプレーヤー
PrimaLuna DiaLogue 1、TD510MK2


きささんから勧められたヤグラ台に挑戦。
タマゴ形のためごろんとひっくり返る恐れが大きいので、ヤグラ上にポンとは置けない。
スピーカー下方の固定ネジとヤグラ台との連結は必須。

櫓

またこのネジが出ているディフュージョンステーとやらに
すべての振動が集中する仕組みらしいので、
ヤグラはこの5cm×15cmほどの小さな楕円形の底面部分を支えないと意味がない。
オリジナルもこの部分を3本爪で支えている。

現実に、安定性を考慮して雲泥の配置を広げ
タマゴの外殻を支えた試作品も作ったがブワついた音で満足できなかった。
試行錯誤の末写真の形状に落ち着いた。

固定ネジからヤグラへと直接に振動が逃げるかもしれない、
あるいはループするかもしれないので、雲泥が本来の性能を発揮出来ていない恐れがある。
また、躯体がぐらつかないように連結ネジを閉めあげる必要があり、
ヤグラ材に曲げが発生することが心配で梁材は上部のみとした。
ヤグラ台の原理的には不完全な仕様になったかもしれない。

櫓

確実に自立柱式より良くなった。
低音はダンピングが効いて、よりはっきりと透明感も増し、訴求力が高くなった。
相当なレベルの音になった。満足して聴いていた。
これでレベルアップしたらいったいどんな音になるのやら。

欲が出て、力蛇あかんSORA を注文した。
その発送のお知らせが届いた日の前後、テクノ系を聴いていたら何やら騒がしい。
音でない音が聞こえているような。
再生をポーズして階下に確認に行くと、何でもない。気のせいか。

戻ってみたら市野式ネットプレーヤーが故障していた。
市野さんに送ったら定電圧回路の故障とのこと。
原因は不明。何やら嫌な予感。
ひょっとして音楽が聞こえると集まってくるという何者かのいたずらか。
だとしたらこのまま力蛇あかんSORAを繋いでレベルアップしたら
とても大変なことが起こるんじゃないか。

1週間程で市野式ネットプレーヤーは修理から戻ってきた。
しかし心配を心配のままにしていたら、安心して聞けない。
力蛇あかんSORAより結界を先にしなさいという何かのお告げだろう。

急遽、昇氣・オーディオ最適化のお札を購入した。
ということで、まだ力蛇あかんSORAは繋いでいない。
ヤグラ台導入時点のシステムでオーディオ用昇氣でのトレーニング中。

ベールがはがれたよう。
音にしたら聞こえるか聞こえないかというニュアンスなんだけれども
雑味と言うのか、まとわりつく、ザワザワする印象を
今までは一緒に聞いていたんだなと分かった。
とても見晴らしのいいステージになった。
ダイナミックレンジがさらに広がり、
それでいて刺激的でなく優しくて、リアルに自然な音像。

動機は気のせいかも知れないが、オーディオ用昇氣を導入したのは大正解だった。
この音で暫く耳もトレーニングし、本命の力蛇あかんSORAを繋ぐつもり。
一体どんなことになるかお楽しみだ。